マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
死者の日の祝祭
  • 死者の日の祝祭当商品
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 4~8人
  • 15分前後
  • 12歳~
  • 2019年~

死者の日の祝祭

メーカー・卸元:ケンビル

残り2点
1営業日以内に発送可能
日本語マニュアル付き

レビュー 5件

レビュー
128名が参考
2ヶ月前

プレイした率直な感想を述べていこうと思います。

文章書く練習も兼ねています。拙い文章ですが、もし参考になればと思います。


6人で制限カードなしで初プレイ。本来はレベル1~3があるそうです。

テーマは死者の魂を癒そう!

ゲームは4ステップありました。

ステップ1では、各プレイヤーは自分にしかわからない故人(もしくは架空の人物)のお題カードを確認する。

そのお題の人物を連想させる単語を書く。左隣のプレイヤーに渡す。

ステップ2では、その単語を確認して、その単語を消してまた新しい単語を書く。それを4回繰り返します。

ステップ3では、答えを予想します。お題カードと最後の連想される単語をみんなで確認して答え合わせの投票をしていきます。

ステップ4では、答え合わせをします。正しい回答が多ければ、そのお題の人物の魂は癒されたことになります。


感想

私はジャストワンやテレストレーションといったワード系のゲームをプレイしたことあります。

それらとはまた少し違ったワード系のゲームになります。

他のプレイヤーが書いたヒントを連想してさらにヒントを書くので結構難易度が高いように感じました。でもそれがいいと感じました。

お題カードにはこんなものも入ってるの!?てなりました。初めてやるときは興味本位でどんな話題があるのかなーって見ない方がより楽しめると私は思いました。


すこし気になったのは、途中のヒントが記録されないことです。

最後の答え合わせのときに思い出す必要があります。


私の総評としては、プレイがさくっとできるのでとても楽しいです。やりこむとお題カードが分かってしまうので、そこが気になってしまうかもしれません。まだ1プレイしかできていないので、もっとやりたいと感じる作品でした。


続きを見る
閉じる
貴族
ng
ng
レビュー
123名が参考
2ヶ月前

リメンバーミー!!!

私を思い出して!!!


ケンビルさんのPVが軽快な音楽とともにできていて、気になってプレイしましたー!

その名の通り、死者(この世に存在しない人物やキャラクター)を想像していく協力型連想ゲーム。フレーバーはメキシコのお盆のようなもので、明るく死者を弔うのがとても好感が持てるテーマだなぁとやる前からワクワク。



ルールは簡単!!

各プレイヤーはガイコツ型のボードを受け取って、開始時のカードを引いて死者を決定させたらその名前をボードに書きます。

そしたら、その死者から連想する単語を書いて左の人に回します。左の人はその単語から連想する新しい単語を書きます。

これを4回繰り返し、死者が誰かを当てます!



死者を予想する時にはとにかく楽しみがいっぱいです!

繰り返される連想で、単語がどう変わってしまっているのか想像するのがとても楽しい!!

5人以上で遊ぶなら自分が一切関わっていないボードの死者も連想するからそれも楽しい!!

死者の候補は必ず8名なので、8人で遊ぶとき以外はダミーがどれか考えるのも楽しい!!

解答確認のときに、どんな連想をしていったかを話し合うのも楽しい!!

何をしても楽しい連想ゲームになっている。


個人的には6、7人がベストだと思っていて、関わっていないキャラ、ダミーの両方が出てくるのがとても楽しい。


単語を連想していくので、絵を回していく連想ゲームの『テレストレーション』よりも抵抗が少なく取り組みやすいイメージ。当たっても外れても楽しいので皆で仲良くなるにはもってこい!


さぁ、あなたも一緒にリメンバーミー!

続きを見る
閉じる
国王
ひろみ
ひろみ
レビュー
121名が参考
2ヶ月前

4人でプレイしました。

テレストレーションはあるお題について、文字と絵を交互に書いて(描いて)いきますが、この作品は全て文字なので、そこまで難しくないかなと思っていたのですが、全くそんなことはありませんでした。

実際にプレイしてお題が「ジョンレノン」で最終的に「シドニー」になったり、「北条政子」が「都心」になったりしました。(お題は全て、架空・実在を問わず死亡した人物あるいは動物です)

もはや意味不明ですが、その変遷を辿ると納得でき、その過程を知るのが非常に楽しいゲームです。


実際に、作者の意向により点数を付けて勝ち負けを争うことをしないので、最小の4人よりももっと大勢でプレイした方が盛りあがるゲームだと思いました。

続きを見る
閉じる
皇帝
なかがわ
なかがわ
レビュー
119名が参考
約2ヶ月前

まともな連想ゲームなぞ存在しない!と実感させられるゲームでした。

ボードゲーム会で使えそうな簡単なゲームを探していたら、このゲームがヒットしたので購入。

しかし、買ってからプレイ人数を見てみたら4人〜だったことに気づき若干後悔…。

ゲームの内容としては他の方がレビューで書いてある通りとどのつまり連想ゲームです。

メキシコの死者の日の祝祭をモチーフに、死者を忘れず鎮魂しようというコンセプトの下、生者ではない名前が書いてあるカードを引き、そこから連想できるワードを書く、でそのワードから連想できるワードを書くこと計4回、ここまで連想するともはや別物になるのは必然でした。

そもそものカードに書いてある名前が「死者」というよりは「生者ではない者」と言った方が適当で、坂本龍馬や織田信長、コロンブス、クレオパトラという実在した偉人から、ディープインパクトという名馬、果てはゴジラ、星のカービィなどの架空のキャラクターまでリストアップされているのでまあ想像しなければならない範囲は広いです。

単語を書くルールとしては、実在、架空に関わらず人物名はNGで、当然文章もNG。

それではここで実例を披露いたします。

キーワードは「ファミコン」

選択肢は「ガンジー」「スーパーマリオ」「夏目漱石」「ヴォルデモート(ハリーポッター)」「スティーブ・ジョブズ」のうち誰でしょうか?

正解は「ヴォルデモート」

分かりましたか?

流れとしては「魔法」→「呪文」→「ドラクエ」→「ファミコン」だそうです。

私は見事に騙されました。

これをワイワイ言いながら当てていくのですが、そもそもその人物を知らないとまずい、というハードルもあるので一発目はスマホなどで検索OKにしても良いかもしれません。

それ以外にも制限カードを使って「3音以下」とか「『あ』か『さ』から始まる」とか縛りもつけられるのでお値段の割には長く楽しめそうです。

多人数でワイワイ楽しめるゲームをお探しの方、連想ゲームが好きな方、歴史が好きな方は購入を検討してみても良いかと思います。

それでは最後にこの言葉をお送りして締めたいと思います。

「人間は二度死ぬ。肉体が滅びた時と、みんなに忘れ去られた時だ。」

ー松田優作

続きを見る
閉じる
仙人
ハンズ
ハンズ
レビュー
74名が参考
2ヶ月前

盛り上がるパーティーゲーム。

連想の、、連想の、、連想の、、連想は、、

果たして何??

8枚のお題カードの中から、最後に書かれた連想ワードで判定する。

連想ワードは都度消されてしまいます。

でも、みんな意外に覚えていて流れを聞くだけで盛り上がる。


ジャンヌダルク→フランス革命→辞書??

なんで??

ナポレオンだと深読みしたんだよ!!

ええええ!!!

不確かな電源ゲームはなんでこんなに盛り上がるんだろう。

テレストレーションのような変化を楽しむゲームなので、あれが好きなら楽しめる。


続きを見る
閉じる
皇帝
ばやし
ばやし
  • 商品価格¥ 3,520(税込)
会員のマイボードゲーム情報
  • 38興味あり
  • 184経験あり
  • 41お気に入り
  • 66持ってる

チェックした商品