マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~3人
  • 60分~150分
  • 12歳~
  • 2017年~

アルルの丘:紅茶と貿易naoki5556さんのレビュー

119
名に参考にされています
2018年04月26日 23時35分

初めてですがレビューしてみます。

私は基本はそれほどプレイできておらず、この拡張と一緒に買い揃えた口になりますので至らぬところあるかもしれませんがご容赦のほど。


こちらはアルルの丘の拡張となり、こちらを投入することによって三人までプレイ可能になります。また、新規要素が複数ありまして、こちらをどのように使っていくかもまた楽しく仕上がっております。

正直私は拡張なしには戻れない体になってしまいました。

インストなどに関しては、基本的にはワーカーをどこに置くかの部分の説明くらいになりますのでインスト労力はそこまで増えていない印象です。例外はそれなりにあったりしますので、そのあたりを厳密に気にする方はサマリーがあれば楽かもしれません。プレイ時間は三人になってもラウンド数自体削られる分大体二人でも三人でもトントンになります。経験者同士の一対一だと二時間かからずに終わることも。

拡張要素としては、

・交易

・紅茶

・水路

の三点になり、荷車と別ルートで資材を引っ張ってくることができる交易、行動ボーナスの紅茶及びフリジア茶、繁殖や開墾にボーナスの入る水路といった具合です。

これにより、職人で技能レベルを一切上げないでも十分に効率よく開拓するプレイが可能になったり、基本のみだとやや弱いと言わざるを得なかった農地プレイなどにもよりテコいれがなされています。


他の方も15点建物をいかに建てるか・ただしそのほかの要素で十二分に得点を稼ぐことができるようになりその部分で勝敗が決まることもとのお話がありましたがそれにはうなずくしかありません。

建物の他要素で勝敗が決まることも多々あるような得点バランスの改良が起こったと認識しております。

ワーカープレイスメントが好きで、ある程度のんびりとしたプレイ感が好みの方にはぜひ一度体験していただきたいゲームと私は思います。二人用や拡張を入れてなお三人までだからと言って敬遠するのはもったいない出来と思っておりますので、プレイ済みの方が一人でも増えればいいなーと思い一筆書かせていただきました。

乱文申し訳ありませんでした、失礼いたします。

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • shih
  • ぽっくり
naoki5556さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 15興味あり
  • 9経験あり
  • 5お気に入り
  • 33持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルアルルの丘:紅茶と貿易
原題・英題表記Fields of Arle: Tea & Trade
参加人数1人~3人(60分~150分)
対象年齢12歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク