マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

エヴォリューションevolution

最強を目指すのではなく、環境に適応したものが生き残る。まさにサバイバル。

エボリューションではプレイヤーたちはそれぞれ自分の手元の動物たちを増やして、多くの餌を食べさせることを目指します。その中で各動物には3つまでの能力カードを付与することができます。これによって各動物は効率よく餌を集めたり、または餌場に餌がない時でも自前で餌をとってこれたり、さらには草食から肉食獣に進化して他の動物を餌にしてしまうこともできます。餌が多いときにはいかに効率よく集められるかが鍵になりますし、肉食獣が暴れ始めたら守備能力でうまく逃げ切ることが重要になります。最強の能力や組み合わせというものはなく、その時々に適応した進化をできるかどうかが最大のポイントです。能力は実に多様で動物の個体数や体の大きさも変化するので、実際に自分が育てた動物がどのような外観や生活をしているのかを想像しながらプレイしてみるととても楽しくなります。子供から大人まで楽しめるゲームですが、その中で自然界の厳しさも感じられる名作です。拡張シリーズとして鳥が追加されるFlightと、温暖化や氷河期といった気候変動要素が追加されるClimateもあります。基本セットになれたらこちらもオススメです。日本語化はされていませんがカードの能力を読める程度の英語ができるか、一覧表を用意しておけばプレイ可能です。スマホやタブレット向けのアプリも無料体験版で遊べますし、丁寧なチュートリアルがあるのでこちらもオススメです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. shihshih
マイボードゲーム登録者
  • 109興味あり
  • 169経験あり
  • 61お気に入り
  • 169持ってる
プレイ感の評価
運・確率9
戦略・判断力11
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘8
アート・外見7
作品データ
タイトルエヴォリューション
原題・英題表記evolution
参加人数2人~6人(30分~60分)
対象年齢12歳から
発売時期2014年~
参考価格5,060円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 6件

  • 297
    名に参考にされています
    投稿日:2020年09月18日 00時25分

    まさに弱肉強食!生物の進化と食物連鎖を見事にボードゲームに落とし込んだ名作です。細かいゲームシステムは割愛させていただきます。草食動物となって堅実に餌を手に入れるか、捕食動物となって他の動物たちを襲うのか。これを考えるだけでも楽しいですよね。もちろん草食動物たちもただ食べられるわけではありません。独自の進化をして、角や甲羅を手に入れて身を守るものもいれば、木の上に登ったり群れを成したり大きな生物と共生したりするものもいます。この結果、他の動物を襲えなかった捕食動物は滅んでしまいます。捕食動物たちも負けじと進化します。こちらも群れを成したり待ち伏せしたり知能を得たりして捕食しようと試みます...

    じょるさんの「エヴォリューション」のレビュー
  • 299
    名に参考にされています
    投稿日:2020年09月01日 23時11分

    種族の繁栄と絶滅をテーマにしたボードゲームです。種のカードには3つまで特徴カードをつけることができそれによって他の種から身を守ったり襲ったりして個体数を増やし沢山の餌を食べ、最後まで多くの種を進化させ生き残ったプレイヤーが勝者となります。結構簡単にご飯が足らなかったり肉食に進化した他のプレイヤーによって絶滅しますwそれでもつけていた特徴カードと同じ枚数カードが補充されるので逆襲したり襲われないように防衛しやすくなり直接攻撃があってもあまりギスギスした感じになりにくいのでプレイヤー間の直接攻撃が苦手な方もOKだと思います。カードの効果の説明が分かりにくい表現があったり文字が小さかったりと気...

    BGF(ボードゲームの杜)さんの「エヴォリューション」のレビュー
  • 354
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月23日 12時09分

    生存競争を勝ち抜き、自分の種を最も繁栄させることを目指すゲーム。ゲーム開始時、各プレイヤーは草食動物を保持していますが、特徴カードを付与することで環境に適応して進化させることができます。進化することで、場の共有プールにある餌(植物)を効率的に獲得して生存競争に勝利することができます。例)首を長く進化させて事前に餌を1個獲得できるまた草食動物だけでなく肉食動物にも進化させることができ、その場合はプレイヤーが保持している他の動物を食べることができるようになります。肉食動物が登場すると、草食vs肉食の生存競争をかけた進化が始まります。草食動物の進化体のサイズを大きくして食べられないようにする木...

    カレオさんの「エヴォリューション」のレビュー
  • 391
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月21日 22時49分

    産めよ増やせよ地に満ちよ、が最も出来たプレイヤーの勝ち、という生存戦略ゲームです。プレイヤーは、毎ターン配られる特徴カードを使うことで、4つの行動が出来ます。まず、一番重要なのは、自分が担当している動物種の個体数の増加です。このゲーム、摂取した餌の数が勝利点なのですが、各動物種は個体数と同じ数だけ餌を入手したら、満腹になって餌を取ることが出来ません。つまり、個体数の増加が、勝利点に直結します。ところが、それは無限に餌があれば、の話で。それぞれのプレイヤーの思惑次第で、充分な餌が場に用意されないかもしれません。すると、個体数を増やしていても、餓死が発生して、個体数を増やした努力が無駄になり...

    Sigma Siumaさんの「エヴォリューション」のレビュー
  • 419
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月13日 22時15分

    Evolutionはいかに多くの餌を自分の生み出した生物種たちが食べたかを競い合う生物の進化をテーマにしたボードゲームです。ゲームでは生物を特徴づける、・体の大きさ・個体数・特徴(肉食、樹上性、甲羅、腐肉食、共生等)を決定、変更させながら餌を取り合っていくことになります。なお草食動物は水場にある餌を、肉食獣は他の種を捕食することによって腹を満たしていきます。この際に水場の餌の多寡はプレイヤーの出すカードと前の世代(ターン)の個数を足し合わせたものとなるので、お互いの思惑が交差しながらの読み合いのなかでより自身にとって有利になるように立ち回らないといけません。適者生存と弱肉強食のルールのな...

    田辺朔郎さんの「エヴォリューション」のレビュー
  • 552
    名に参考にされています
    投稿日:2020年07月24日 09時00分

    種属の繁栄をテーマとしたカードゲームであり、厳しい食糧の奪い合いを巧みに表現しています。最初、各プレイヤーはそれぞれ1つずつの種族をコントロールしています。種族のパラメータには「特徴」、「サイズ」、「人口」、の3つがあります。ラウンドの流れは、①カードドロー(3+コントロールする種族数)、②場の餌量決定の為のカード選択、③カードプレイ、④食糧供給、となります。②では、各プレイヤーが1枚カードを出します。出されたカードに書かれている餌量の合計分が場に配置されます。これは食糧供給フェイズに草食動物分の食糧になります。③では、種族に「特徴」を追加する、新規の種族を追加する、「人口」か「サイズ」...

    maroさんの「エヴォリューション」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 3件

  • 82
    名に参考にされています
    投稿日:2020年09月14日 15時59分

    ★初手の研究Evolutionの初手について、ざっくりパターンを洗ってみました。◼️3-4枚型何もカード付けずに、種族を3-4枚に横展開するパターン。エサ場に出したカードの数字が小さかったり、警鳴や社会などキーカードを残したい場合は3枚にする。○メリット展開した種族が残った場合、ドローが増えるため後のゲームでアドが取れる○デメリットエサが少なかったり、捕食でやられたりするとディスアド◼️2枚型硬殻や共生+サイズ2など、防御重視で種族を2枚出すパターン。○メリットエサが少なかったり、捕食がいても安定して生き残りやすい○デメリット3-4枚型に対してドローが少なくなるため、ややディスアド◼️1...

    sawadaさんの「エヴォリューション」の戦略やコツ
  • 135
    名に参考にされています
    投稿日:2020年09月07日 17時19分

    今回は肉食プレイに焦点を当ててみます。餌が得点になり、その餌は個体数までしか食べられないシステムで、かつ肉食動物は相手よりサイズが大きくなければならないので根本的に肉食動物は不利です。また肉食にするためには「捕食」をつけるので実質他の種を襲いやすくするために付けれる特徴は2つしかありません。「登攀」に対しては「登攀」、「警鳴」で守られた相手には「要撃」が必須で他の防衛カードを突破するためには「知能」を付けた上で手札を捨てる必要があるのでそもそも捕食対象にできる相手が殆どおらず個体数も増やしにくいため草食で守りながら種と個体数増やすムーブが圧倒的に強いです。水場の餌も捕食を持つプレイヤーが...

    BGF(ボードゲームの杜)さんの「エヴォリューション」の戦略やコツ
  • 180
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月28日 19時06分

    下記は、物の考え方です。便宜上、「捕食」を持つ動物種を肉食動物、持っていない動物種を草食動物と呼称しています。◎水場に餌がある限り、肉食動物は点数勝負で草食動物に勝てない豊富に食料がある限り、「捕食」を特徴にセットしてサイズを増やさなければならない肉食動物は、点取り勝負で負けます。草食動物は個体数と動物種を増やしていくだけでいいです。全プレイヤーの動物に、水場の食料が行き渡らなくなってきたら、「索餌」「社会」「体脂」「長頸」あたりの能力をつけて、他プレイヤーの動物より餌確保に有利になるのが得策です。多少、肉食に食べられようと、増やした個体数が毎ラウンドの点数源となります。肉食動物の勝負は...

    Sigma Siumaさんの「エヴォリューション」の戦略やコツ

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿