マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 90分前後
  • 15歳~
  • 2018年~

敦煌: シルクロードボードゲーム喫茶 天岩庵さんのレビュー

281
名に参考にされています
2019年05月30日 19時03分

ワーカープレイスメントとリソースマネジメント(資源管理)で、主な得点源はマイルストーン早取り。
3つのモジュール(例 黄金+絹織物+茶葉)を選択して導入。初めから6つ+拡張1つがあるが、メーカーは12個出すつもりらしい(笑) リプレイ性は抜群でクアックサルバー並み。


個人間の能力差は無い。マイルストーンが数多くあるが、それを地道に取り続けると勝てる感じ。
「壁画アクションタイル」を自分のものとして作成するが、他人にたくさん使ってもらうとでかい点数が入る、しかもそのタイルはドラフト!なので、他人が使うであろうものを選んでピックする思考が必要。自分が使うと点数化が遅れるのだ。しかし、この壁画は使って当然なものばかりなので、ドカっと点が入るけど差にはならない。


マイルストーンの確保が一手差になることしばしばで、その辺りフードチェーンマグネイトと似た匂いを感じた。他方、資源管理のシビアさと、一手一手少しずつ確実に勝利点を積み上げていくところは、ガイアプロジェクトの匂いも感じる。


なお、拡大再生産の要素は、キャラクターカード(全員中国系美女イラスト)しか無いうえに、得点源として朝廷に献上wしてしまうので、ほぼ無い。けど追加アクションを少しもたらしてくれるので、一手をギリギリせめぎ合うこの手のゲームで重要なのは間違いない。

以上、こんなところかな?

評価:間違いなく面白い。双六小僧さんの通販開始を待て(2019年5月末現在)。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
ボードゲーム喫茶 天岩庵さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 13興味あり
  • 5経験あり
  • 2お気に入り
  • 5持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル敦煌: シルクロード
原題・英題表記敦煌: 絲路 / Dunhuang: Silk Roads
参加人数1人~4人(90分前後)
対象年齢15歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体静言思
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ボードゲーム喫茶 天岩庵さんの投稿

会員の新しい投稿