マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

幻の八八艦隊計画Dreadnought: Return to the Dreadnoughts Age!

建造されなかった幻の戦艦の勇姿を描く激烈な大海戦!

1986年にアドテクノスが出版したプレイアブルな海戦ゲームの一品。
艦隊運動や損害などのプロットを一切廃し、大破撃沈も起こりうるブラッディな大砲撃戦の醍醐味をメインに据えた展開が特徴。
もともと歴史的な艦隊戦のゲームたしてデザインされたものだが、あまりに戦闘結果が過激になるので、それならばと、ワシントン条約で実現されなかった大艦巨砲主義の幻の弩級戦艦群がもし実現していたら?という仮装設定を持ち込むことで、今までに類を見ないド派手な艦隊砲撃戦を体験できるゲームとなった事で知られている。
日本艦隊も、有名な1番艦『長門』をはじめ、未完成に終わった『加賀』『紀伊』『天城』を始め、『榛名』『金剛』そして幻の13号艦などの豪華ラインナップ!
対するアメリカの『レキシントン』『サウスダコタ』『ウエストバージニア』『テネシー』など、
そしてイギリスのロイヤルネイビー『レナウン』『フッド』『クイーンエリザベス』そして歴史を変えた『ドレッドノート』!
戦艦マニア垂涎の夢のスーパー艦隊戦をシンプルなルールでまとめることで、無理なく十隻以上どうしの激烈な戦闘をドラマチックに描く海戦仮装シミュレーションとして異彩を放つ存在となった作品である。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. BluebearBluebear
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 3経験あり
  • 1お気に入り
  • 1持ってる
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル幻の八八艦隊計画
原題・英題表記Dreadnought: Return to the Dreadnoughts Age!
参加人数1人~2人(360分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1986年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン中澤 孝継(Takatsugu Nakazawa)佐藤ダイスケ(Daisuke Sato)
アートワーク未登録
関連企業/団体アドテクノス(AD TECHNOS)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク