マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 1997年~

ファラオの墓レモネードさんのレビュー

139
名に参考にされています
2018年11月27日 23時47分

ファラオの墓の財宝を見つけて獲得するゲーム。


とっても楽しいファミリーゲームで、うちでは息子が5歳からプレイしてます。

8歳からなってますが、ルールが簡単な上に記憶力が重要なので、

5歳でも十分プレイ可能だし、なんなら、大人を負かしちゃいます。

僕は記憶力が苦手なので、息子と嫁さんには、このゲームでよく負けます。


このゲームの何が楽しいのかっていえば、それはもう沢山のピラミッドを動かすって所。

盤面には沢山のピラミッドが並んでいて、1個だけない状態。

で、各ピラミッドの下にはお宝があったり、なかったり。


ちなみにお宝はゲームの準備で仕込んでおきますが、

わりとテキトーにサクサク置くし、仕込んだ後に盤を回転させるので

場所を正確に記憶するのは、よっぽど記憶の天才じゃなきゃ無理だと思います。


で、最初にカードを1枚オープンし、お題のお宝を決定したら、ゲームスタート。

各手番では、ピラミッドをスライドパズルの要領でカシャンカシャンずらしていくだけ。


ずらした結果、何もなければ、続けてずらせますが

お宝が出たら、お題のお宝でなくても、そこで手番終了。

もちろん、お題のお宝なら、お題のカードをゲットでき、それが点数に。


このピラミッドをずらす作業が、まさに探検してる気分にさせてくれて楽しいのです。

しかも、後半に行くにしたがって、

だんだんとみんなが、スライドさせるパターンとお宝の場所を覚え

最初は苦戦していたお宝探しが、簡単に見つけられるようになります。


それに、記憶を頼りにカシャンカシャンやって見つける作業が

古文書なんかの謎を解いて、お宝を発見する感覚になんか似ていて、

気分はインディジョーンズ。


たぶん、謎を解くのと記憶をたぐってピラミッドをずらしていくってのは

脳の同じ部分使ってるのかもしれません。わからんけど。


僕「確か、このお宝は・・カシャンカシャン、あ、間違えた(別のお宝が出る)、くそー」

息子「やったー、これはここやで、

カシャンカシャンカシャンカシャンカシャン、ほら あった!」

僕「お前は、お宝さがし名人か」

みたいな感じ。


途中、飽きがこないように、いくつかのイベントがあるのもよくて、

砂嵐や決闘、サソリの攻撃など、イベント内容も多彩です。


後半はちょっとの凡ミスで、相手にお宝がドンドン手に入ってしまうので、

ピラミッドを動かす手にも緊張が走ります。


ゲームの世界観がギミックと融合して良く出来ているので、

エジプトの世界での財宝発掘とゆう雰囲気が出てるし

僕自身は、お宝を集めるってゆう設定自体が好きなのもあるので、

このゲームは好きです。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • まつなが
レモネードさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 11興味あり
  • 17経験あり
  • 4お気に入り
  • 23持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルファラオの墓
原題・英題表記Der Zerstreute Pharao
参加人数2人~5人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期1997年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインギュンター・バース(Gunter Baars)
アートワーク未登録
関連企業/団体ラベンスバーガー(Ravensburger Spieleverlag GmbH)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レモネードさんの投稿

会員の新しい投稿