マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 60分~120分
  • 14歳~
  • 2021年~

ダーウィンズ・ジャーニーハナさんの戦略やコツ

320名
2名
0
4ヶ月前

《ダーウィンズジャーニーのコツ》

思い付いたことを書き連ねます。まだやり込み不足なので、的外れだったらすみません。考えが変わったら随時更新します。


【はじめに】

まず、一番最初に大切なのは乗組員ドラフトと初期目標タイル。

初期目標タイル、特に金目標を素早く達成するのが当面の目標となるので、選択はめちゃくちゃ重要。このゲーム、ワカプレで一見先手有利なのにコイン等の調整が一切ないのは、この初期目標タイルを自由に選べるアドバンテージが手番順を補うほどの価値があるから。

選びやすいのは「緑×2 レンズ」「赤×2 ビーグル号」のタイルだと思う。特に「緑×2 レンズ」なら初手レンズ解放でアカデミー1段階目を解放して緑の封蝋を取れば即達成。「青×2 テント」は最初のテント到達が他のプレイヤーの動向次第で読みにくく、「黄色×2 進化論4」は、特に4人プレイだと達成に時間がかかってしまう。

乗組員ドラフトは、自分の手番から上記初期目標をある程度予想して封蝋の色を幅広く確保していく。効果よりもまだ確保していない色を優先してドラフトすれば良いと思う。

金目標を最初に置きたいのは「ワーカー+1」。やはりワカプレはワーカー数が命。配置コストの5コインをどう調達するかが課題だが、1、2ラウンドで解放できれば文句なし。次点で「配置コスト-1」。中盤以降なら「紫封蝋」もかなり強力。乗組員カード達成に活用する。

銀目標は「巻物コスト0」がものすごく強力。「島から標本」や「テント再起動」は中盤以降選択肢が増えてからの配置先。

金、銀共に最終的には一番右側のセット得点もできるだけ押さえたい。



次に、それぞれのアクションについて簡単に。


【標本提出】

序盤はコインを、終盤は勝利点をもたらす重要アクション。なるべく早く標本を確保して提出していくとコインが安定する。1番手、2番手は探索、航海でそれぞれ最初の標本を確保するのがよくある動き。ここで得た6、7コインでレンズ解放やワーカー+1に繋げていきたい。


【探索】

花形アクション。いつも一番人気。ここで標本を集めて提出、がお金にも勝利点にも繋がって、慣れないうちも分かりやすい。誘発する効果が幅広く魅力的。金特質ワーカーを作って探索連打してるだけで相当強いので、金特質ワーカーを作ったらできるだけ探索で活用したい。ただし競合は激しいので注意。


【航海】

即時のリターンが少ないので、慣れないうちは軽視しがちなアクション。冒険者駒を新しい島に送り込む効果に注目しがちだが、ビーグル得点タイルの遅延ペナルティもかなり重要。4~5ラウンド目にはできるだけビーグル号に追い付きたい。ビーグル得点タイルは終盤1回の計算で20点以上を叩き出すので配点がかなり大きく、航海を軽視すると遅延ペナルティでトータル20~30点ロスすることになりかねない。


【交信】

あまりメインにせず、隙間でこなすアクション。他のアクションから誘発させることも多い。手番が後ろの人はマジョリティ争いに勝てる時だけ参加でき、小さな投資で大きなリターンが得られるので狙いたい。このアクションも軽視しがちだが、まったく参戦しないと他の人に手軽に稼がれてしまうので注意。とりあえずコインが貰える封筒か探索できる封筒があったら切手を置くのが堅実。


【アカデミー】

探索と並んで競合が激しいアクション。

金特質ワーカーを作ると実質的にワーカー1体増えたくらいの恩恵があるので、積極的に封蝋を集めていく。アカデミーのスペースは基本アクションとレンズアクションで効果が倍増するので、極力レンズのアクションを使いたい。封蝋はかなり積極的に取られる上、狙った色の封蝋を取るのが重要になるので、どの巻物からも自由に取れる銀目標の「巻物コスト0」は是非とも早期に配置したい。ビーグル得点タイルの4、5ラウンド目に封蝋得点がある場合は早めに意識して集めていく。


【特殊アクション】

初期セッティングによって様々なコンボが考えられる、このゲームの楽しい所。序盤~中盤いかに自分だけが活用できる特殊アクションを作れるかが大切。金特質ワーカーのメリットがメインアクションに比べて小さいので、後半はメインアクションを優先することも多くなる。どれも強力だが、標本再提出は特にヤバい。このアクションだけで序盤はコイン、終盤は進化論をガンガン稼げる。目標獲得即達成も相当強いのでこのあたりは要チェック。



【まとめ】

全体的に、何かに特化専念するよりもその場その場で柔軟に立ち回る「戦略<戦術」なゲームだと感じる。

・とにかく序盤は金の初期目標早期達成を目指して動くこと。

・金目標は「ワーカー+1」銀目標は「巻物コスト0」が優先。

・ビーグル得点タイルは大きな得点源。

・金特質ワーカーは強い。

あたりを注意するだけでかなり分かりやすくなると思う。

慣れないうちは最初の標本を確保しやすい先手有利ゲーに見えるが、実際は金目標が達成しやすい後ろ手番でも十分戦える。アクションも探索が強く見えるがそれだけでは勝てない奥が深いゲーム。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
ばってら
Bashi
ダーウィンズ・ジャーニー 日本語版
ダーウィンズ・ジャーニー 日本語版の通販
Kickstarterでも注目を集めた、「ニュートン」コンビによる重量級ゲーム!
1~2営業日以内に発送
日本語ルール付き/日本語版
¥8,910(税込)
ハナ
ハナ
シェアする
  • 190興味あり
  • 306経験あり
  • 114お気に入り
  • 237持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

ハナさんの投稿

会員の新しい投稿