マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ケイラスCaylus

棟梁としてお城に貢献しよう!労働者と資源をやりくりして名声を得るワーカープレイスメントゲーム

舞台は13世紀末のフランス国境の村、プレーヤーは棟梁として城やその周辺に建物を建て、名声を得ていきます。

プレーヤーは、ゲームボード上に示される建物やお城に手下を送り込み、資材やお金を獲得したり建築予定地の建物を建てたりします。建設に必要な資源や手下に支払う給料を考えながら、ゲームボードに示される王からの褒章を獲得していきます。

監督官と行政官の位置も重要な要素です。監督官の範囲にない建物に手下を置いても機能しません。行政官はその位置が進むことによってゲームの終了へと近づきます。監督官を移動することができますが、その位置によって行政官の進むマスの数も変化します。

このゲームは細かくいくつかのフェイズに分かれており、そのフェイズごとにプレーヤーがアクションを起こしたり処理を順番に行ったりしてゲームを進めていきます。

行政官がある一定の位置まで移動すると得点計算や王からの褒章を獲得することができます。王からの褒章は建築数によって行われ、建物を建てていないとマイナス点となります。また、王から受けられる褒章もいくつかあり、得点やお金、資源の獲得や、建築を有利に進められるといったものがあります。行政官が最終的な位置以降のマスにある場合、ゲームが終了します。最終的に名声点をもっとも得たプレーヤーが勝利します。

ルールはフェイズごとに色々指定があるので、結構難しいゲームです。理解するには何回か繰り返してプレイする必要があると思います。このボードゲームは、ワーカープレイスメントゲームの代表作の1つと言われているので、そういったゲームに興味のある方にお勧めです。

1289年フェリペ王は、フランスの国境を強化するために新たに城を建設することにしました。現在ケイラスは小さな村でしかありませんが、すぐに労働者や職人たちが収入を見込んで集まってきます。そんな建設者となって城や城下町を建てることで名声点の獲得を目指すボードゲーム。城の建設が地下、城壁、塔という順番に得点計算がされていき、塔が終わったら、ゲーム終了です。ゲーム終了時に、獲得した得点が一番多い人の勝利です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
  2. オグランド(Oguland)オグランド(Oguland)
マイボードゲーム登録者
  • 98興味あり
  • 145経験あり
  • 39お気に入り
  • 104持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルケイラス
原題・英題表記Caylus
参加人数2人~5人(60分~150分)
対象年齢12歳から
発売時期2005年~
参考価格6,480円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 110
    名に参考にされています
    投稿日:2019年12月11日 00時19分

    ワーカープレイスメントでバチバチしたい人にオススメ!ほかのレビューでもありますが世間で人気のワーカープレイスメントの始祖。このゲームの特徴はなんといっても下記監督官の要素でしょう。・監督官についてざっくり説明。このコマより後ろに置いたワーカーは効果が発動しません。ワーカーを置いた後にお金を払って監督官コマを前後させることができます。この要素のおかげで通常のワーカープレイスメントの先置き要素以外にマスの発動というインタラクション要素が追加されます。安全に後方へワーカーを置くか、金を使って先の効果を発揮させるか、相手ワーカーを不発させる為に金を使うか・・・この要素は直接攻撃にもなりうるので遊...

    はいにきさんの「ケイラス」のレビュー
  • 69
    名に参考にされています
    投稿日:2019年12月07日 15時04分

    ボードゲームを1,000個以上持っているユーザー視点で良かった点と悪かった点の両面から紹介します!ケイラスは、自分の駒を派遣して派遣した場所に応じたアクションを実行していくいわゆるワーカープレイスメントタイプの面白いボードゲームです!初心者にはまったくオススメできないものの、ゲームが慣れてきたら、ぜひ一度はやってもらいたいゲームの一つで、今なお色褪せない名作です。本当によく出来ています!ケイラスのカードゲーム版「ケイラスマグナカルタ」も名作です。時間がかかりすぎりので、ちょっと遊ぼう!とはいかないゲームです・・・好き度(Like)▶5pt.≪★★★★★≫おすすめ度(Recommended...

    オグランド(Oguland)さんの「ケイラス」のレビュー
  • 212
    名に参考にされています
    投稿日:2019年02月11日 19時27分

    親方になって城下町を発展させていくゲーム!ワーカープレイスメントの火付け役とも。建てられている建物に弟子を派遣してそこに描かれたアクションを行うのですが、ユニークな点がいくつか。まず、ワーカープレイスメントなので、すでに弟子が派遣されている建物は使えません。これは今では普通のシステムですね。次に、他人が建てた建物はボーナスが発生します。そして、建てたプレイヤーにボーナスが。また、ワーカーは派遣する時にお金がかかります。最もユニークな点は、監督官駒がいない(範囲に無い)場合、ワーカーは働きません!つまり、お金だけ取られてワーカーは帰ってきます。監督官駒はプレイヤー全員が動かす権利を持ってい...

    ととろさんの「ケイラス」のレビュー
  • 249
    名に参考にされています
    投稿日:2018年02月04日 11時05分

    ケイラスは2005年のゲームで,ワーカー・プレイスメントの中では最も初期の部類に入ります。その意味で歴史的にも重要なゲームだと思います。当時の日本でのレビューにはまだワーカー・プレイスメントという言葉が登場していなかったようです。手下を建物タイルに置くとそのタイルの効果が得られるのだが,1タイルには1人しか入れなくて,しかも早い者勝ちで,・・・というような言い方をしていました。そのあたりのプレイヤー間のインタラクションやジレンマが新鮮で面白いゲームでした。ボード上方から下方にすごろくのようなくねくね曲がった一本道があります。道の始めの方に建物タイルを6枚ランダムに並べておきます。これは全...

    malts_yさんの「ケイラス」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿