マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アクシス&アライズ ヨーロッパ 1940Axis & Allies Europe 1940

第二次世界大戦欧州アフリカ戦線を忠実に再現した本格戦略SLG

タイトルを翻訳すると「枢軸国と連合国1940年ヨーロッパ」です。
タイトルの通り、ドイツ、イタリアの枢軸国とアメリカ、イギリス、フランスなどの連合国が争った第二次世界大戦を題材とした戦略ボードゲームです。
プレイヤーはまず枢軸国側か連合国側かを選び、3人以上でプレイするなら、一人が1国または複数国を担当して国ごとにプレイします。
テレビゲームの戦略SLGをそのまま盤面に落とし込んだような実に緻密なゲームとなっており、各種兵器、当時の世界情勢などを盤面に再現しています。
兵站の概念はありませんが、資源獲得、兵器開発、製造などの内政分野もあります。
また、ゲーム開始時はアメリカとロシアが静観していたり、ヨーロッパだけでなくアフリカ、中東などの戦線も含んでいて植民地や資源獲得などの歴史的背景も反映させた作りになっています。
第二次世界大戦を緻密に再現した対戦型戦略SLGならテレビゲームで名作が多く出ていますが、やはりアナログにはアナログの良さがあるもので、実際に盤面で兵を、駒を進めて行く楽しさはまた別物だと思います。戦闘結果はサイコロが左右しますので、戦車5部隊が歩兵1部隊に全滅させられるなど、コンピュータ処理では絶対にあり得ない戦果が出たりするのも、またアナログゲームの妙だったりします。
姉妹作の「アクシス & アライズ パシフィック 1940」と合体させて、全世界を舞台にした第二次世界大戦を忠実に再現させることができます。合わせて畳一枚分にもなるボードを広げて枢軸国と連合国が世界の覇権を賭けて争うスケールの大きさは、やりごたえがあるどころではありません。プレイが2〜3日がかりになるのは難点ですが、勝っても負けても、それを超える充実感があります。
もしプレイするなら、是非両作を合わせてプレイしてみてください。
最大の問題点は、日本語の説明書がないことです。プレイヤー全員が英語に堪能ならばいいのですが、A4版で挿絵もほとんどない50ページ近い英語の説明書を読み込み、さらに他のプレイヤーに教えなければならないというのは敷居が高すぎるというレベルではありません。
ルールブックなしに口頭で説明しながらプレイすると、その説明プレイだけで数時間はかかりますし、一度の説明で覚えられる量ではありません。ルールが緻密であればあるほど、全員がルールを熟知していなければ面白みが半減します。
私の初回プレイ時は一ヶ月がかりで翻訳して事前に手製の日本語ルールブックを仲間に配り、丸一日がかりでルール確認のプレイをしてからのスタートとなりました。

その労力に見合うほど面白いかと言われると困るのですが、完全日本語版が出たなら、自信を持って面白いとオススメできるゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. seorituseoritu
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルアクシス&アライズ ヨーロッパ 1940
原題・英題表記Axis & Allies Europe 1940
参加人数2人~6人(360分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2010年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク