マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アングリーバード:カードゲームAngry Birds: The Card Game

アングリーバード、というアメリカではそこそこ人気?なキャラクターグッズ。玩具では「鳥」のボール等を投げたり投擲したりしてブタにぶつける、といったモノが多い謎シリーズ(よく知らない)。

こちらはカードゲームですが、ダイスが2個入ってます。というかコレはダイスゲームでした。

全部で5種類の鳥がいて、それと5匹全部が描かれたワイルドな目のダイス。

カードにも5種の鳥が描かれていて、何枚かは1回休みとかの特殊カードになっています。

全員に均等枚数のカードを配り、各自好きな順に自分の前に縦に並べます。

手番が来たら2個ダイスを振り、出た鳥と自分の前に並べた最も手前側のカードの鳥と一致していたら捨てる事ができます。もしすべてのカードを捨てる事ができたら、ブタチャレンジに移行します。

ブタチャレンジとは…ブタの衝立を机の端に置き、ある程度離れた位置から「ダイスを転がして当ててブタを倒せば、ゲームに勝利する」というもの。

前半はダイス運ゲー(自分でカード並べてるから運が悪いだけとも言えない)ながら、後半はイキナリアクションゲームという…たぶんルール説明の段階で普通の人は呆れてると思うので、一緒に遊ぶ人は選びましょう。

えーと、まぁコチラからは以上ですw

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:夏木なつき
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルアングリーバード:カードゲーム
原題・英題表記Angry Birds: The Card Game
参加人数2人~5人(10分前後)
対象年齢5歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体マテル(Mattel)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 105
    名に参考にされています
    投稿日:2018年07月28日 20時38分

    アングリーバード、というアメリカではそこそこ人気?なキャラクターグッズ。玩具では「鳥」のボール等を投げたり投擲したりしてブタにぶつける、といったモノが多い謎シリーズ(よく知らない)。こちらはカードゲームですが、ダイスが2個入ってます。というかコレはダイスゲームでした。全部で5種類の鳥がいて、それと5匹全部が描かれたワイルドな目のダイス。カードにも5種の鳥が描かれていて、何枚かは1回休みとかの特殊カードになっています。全員に均等枚数のカードを配り、各自好きな順に自分の前に縦に並べます。手番が来たら2個ダイスを振り、出た鳥と自分の前に並べた最も手前側のカードの鳥と一致していたら捨てる事ができ...

    夏木なつきさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク