マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

戦国時代Age of War

あの城を1日で抜く剛の者はいないか?

時は戦国時代。
プレイヤーは大名となり各城を攻略し、日の本を一統する事を目指します。

しかしながら貴殿の各武将は各地を転戦していたり、城普請や領内の開墾などの作業に従事している為、毎回同じ武将や兵を動員出来る訳ではありません。その為、その時の動員出来る陣容により、落とせそうな城を攻略する事になります。城の攻略には将兵の奮闘は欠かせません。そして見事城を攻略出来れば、その城は貴殿の物となります。

城主は他の武将に任せると良いでしょう。貴殿には他にやる事がありますので。しかしながら一度城を落としても安心は出来ません。それは諸大名もその城を狙っているかもしれないからです。他大名から城を攻められた場合、城主が奮戦してくれますが、勝敗は兵家の常ともいいます。運悪く落城する事もあるでしょう。

そのような事態にならぬ為にも後詰めは大事です。後詰めとは近隣の城からの救援で、城攻めをしている敵の後背を討つ事を言います。ですから、近隣の城全てを攻略してお城間のネットワークがしっかりしていれば、その地域の城は安泰となります。後詰めが可能な城に敵は攻めては来ません。もっとも、そう都合良く城を攻略出来るとは限りませんが。

このようになるべく近隣地域一帯の城をまとめて手中にしつつ領土を広げ、最終的に一番名声の高い大名が

「征夷大将軍」

すなわち戦国の勝利者となります。覇者となって日の本に平和をもたらす事が出来るか、はたまた戦場の露と消えるかは貴殿の采配次第です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 稲妻老人稲妻老人
マイボードゲーム登録者
  • 15興味あり
  • 142経験あり
  • 21お気に入り
  • 111持ってる
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力4
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル戦国時代
原題・英題表記Age of War
参加人数2人~6人(15分~30分)
対象年齢14歳から
発売時期2014年~
参考価格1,728円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 80
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月20日 00時25分

    お城とは防御施設である。その防御施設を攻めるなど愚の骨頂としか思えない。しかしながら戦略上、どうしてもその城を攻めなければならない事もある。このゲームは、大名としてはあまり行いたくはない城攻めをテーマにしたゲームである。お城を攻めるには当然城兵よりも多くの戦力が必要になる。それにつれて補給も多く必要となり、戦費がかさむ。どんなに兵が多くても、武器がなくては戦えないし、矢が尽きれば弓は無意味だし、食事が少なくなったり、なくなったりすれば兵の士気は落ち、逃散する兵も出てくる。それにそもそも開戦に当たって、その城を攻めるにふさわしい武将や兵が整うとは限らない。配下の各武将は様々な事業に従事して...

    稲妻老人さんのレビューを読む
  • 130
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月04日 18時29分

    ダイスゲームです。出目を頑張って揃えて、城(勝利点)をたくさん手に入れよう!というコンセプトです。ダイスは特殊ダイスで、足軽や馬兵などが刻まれています。ダイスを振った後、ダイス目を見て落とせそうな城にターゲットを絞り、必要な出目を見ながら何度か振り直して、城を落とすのに必要なダイス目が出たら無事ゲットできます。ただゲットできたからといって安心はできません。他人がすでにゲットした城を落とすこともできます!その場合普通に城を落とすより難易度が難しくなります。地域(グループ)の城をすべて手に入れることができれば、ボーナス点がつくと共に、もう他プレイヤーから狙われなくなります。地域の城をすべてゲ...

    ねこぜさんのレビューを読む
  • 51
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月18日 14時11分

    サイコロを振り、出た目に応じて江戸城、松本城など日本の城を落としていくゲーム。人が落とした城も横取りする事もできるなど、妨害要素もあります。ゲームのシステムとしてはシンプルで初心者でも理解できますが、サイコロの目に応じてどの城を攻めるかなど思考の要素はあります。また、城には所属している藩にがあり、藩が持っている城すべてを落とすと横取りができなるので他のプレイヤーがあと一つでコンプリートしてしまう。だけど自分が持っている城も落としに行きたいなどジレンマの要素もあります。ボードゲームとしては最低限のコンポーネントにも関わらずなかなか奥の深いゲームだと思います。比較的安価なのでオススメです。

    panpkingさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 164
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月21日 09時16分

    戦略要素は0のゲームなので、どの城を狙うのか?という点だけに話しを絞れるかと思います。最初のダイス目が、騎馬兵・騎馬兵とか弓兵・弓兵等の確率の低い組み合わせが出ている場合、躊躇なくそれらの条件に合致する城を狙うべきです。そうした城は落とした後も敵に奪い返される恐れが少ないからです。ただし、あと少しでエリア制覇という場合にはそちらを優先してもいいと思います。北陸の2城(北の庄城、春日山城)は堅城ですが、落とす事が出来た場合には非常に安心感があります。例えエリア制圧出来なくても、これを奪うのは容易な事ではありません。また、熊本城はこれ1つでエリア制圧なので、落城させれば以降は安心な城になりま...

    稲妻老人さんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 1件

  • 71
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月20日 09時46分

    【コンポーネント】城カード14枚:春日山城、北ノ庄城(以上上杉氏)、月山富田城、高梁城(以上毛利氏)、小谷城、松本城、安土城、岐阜城(以上織田氏)、江戸城、清洲城、犬山城(以上徳川氏)、松山城、丸亀城(以上長宗我部氏)、熊本城(島津氏)※城と所有大名が微妙にアレな所はありますが、そこは寛大な目で見て下さい。特殊ダイス7個ルールブック【インスト】(1)全ての城カードを大名ごとに分かりやすいように展開します。(2)7つの特殊ダイスを中央に置いておきます。(3)スタートプレイヤーを何らかの方法で決めます。準備は以上で終了です。【ルール】(1)手番プレイヤーは7個の特殊ダイスを全て振ります。(2...

    稲妻老人さんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク