マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

クリスマスの12日12 Days of Christmas

1は1枚、2は2枚…12は12枚となっているカードを使った大富豪に似たゲームです。
大富豪に似たゲームはいくつもありますが、いくつかは大富豪っぽくないのが特徴ですが、これもその1つです。

ぱっと終わることもあり、別のゲームと感じます。


▼ゲームの概要

最初12枚ずつ手札が配られ、大富豪のようにスタートプレイヤーから手札を無くしていきます。最初に手札が無くなればいいのですが、それまでにはいくつか仕掛けがあります。

まず、出し方は3通りしかなく、同じ枚数で出していく必要はありません。

1つ目は1枚出し、シングルと呼ばれるものです。
このゲームでは1枚で出す場合のみ特別と解釈されます。カードは基本的に数字が小さいものが強くなります(枚数も少ないですし)

出せなければ(出したくなければ)パスです。


2つ目は同じ数字をまとめて出す、セットです。
同じ数字であれば何枚でもセットとして出せ、さらに、数字が小さくなっていれば何枚のセットでも構いません。4枚セットに対して2枚セットが出せたりします。


最後は連番、シークエンスです。
2,3,4,5,6,7等、各数字連番で1枚ずつ出すことが出来ます。この時、一番小さい数字がそのカードの強さとなり、セットと同じく、何枚であるかは問いません。


こうして、手札を減らしていくのですが、出すのは毎回1周しかしません。
1周したら、その時点で一番強いプレイヤーが判定され、そのプレイヤーから新しくカードを出していきます。


そして、最後が一番強烈です。
最後に上がる、つまり手札をすべて無くすとき、「必ず勝たねばなりません」。

1周でチェックするのはこのためですね。ちゃんと勝てるカードを残していく、マネジメントが必要になります。


ゲームはショートゲームとロングゲームがあり、どちらにせよ、得点カードとなるプレゼントカードを集めることになります。


▼プレイの感想

3回出すだけで上がりとなるプレイヤーが出るなど、ものすごくスピーディーに展開されるカードゲームです。
タイトルや雰囲気、特に事前に「大富豪の亜種」と聞いただけで期待値をすごく下げるプレイヤーが多い中、それをあっさり裏切っていくゲームです。

インストや理解してもらう都合上、どうしても「大富豪っぽい」と言葉に出してしまうのですが、遊ぶと全く違った印象を持ちます。

大富豪系もトリックテイキングぐらい、人に期待を持たせるような印象を持ってもらえればなぁ、なんて思います。



最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:atckt
マイボードゲーム登録者
  • 16興味あり
  • 60経験あり
  • 9お気に入り
  • 32持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルクリスマスの12日
原題・英題表記12 Days of Christmas
参加人数3人~8人(20分~30分)
対象年齢8歳から
発売時期2015年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 125
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月30日 17時18分

    1は1枚、2は2枚…12は12枚となっているカードを使った大富豪に似たゲームです。大富豪に似たゲームはいくつもありますが、いくつかは大富豪っぽくないのが特徴ですが、これもその1つです。ぱっと終わることもあり、別のゲームと感じます。▼ゲームの概要最初12枚ずつ手札が配られ、大富豪のようにスタートプレイヤーから手札を無くしていきます。最初に手札が無くなればいいのですが、それまでにはいくつか仕掛けがあります。まず、出し方は3通りしかなく、同じ枚数で出していく必要はありません。1つ目は1枚出し、シングルと呼ばれるものです。このゲームでは1枚で出す場合のみ特別と解釈されます。カードは基本的に数字が...

    atcktさんのレビューを読む
  • 112
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月27日 15時50分

    手札をなくせばいいという大富豪のようなトリックテイキングのマストフォローの要素が入ったゲームです。ゴーアウト系というのかな?プレイヤー全員がプレゼントカードを持ち、先に手札をなくした人が場にあるプレゼントカードと、その時一番手札の枚数が多い人から(同数の場合は両方から)プレゼントカードを受け取ります。プレゼントカードを所持してなければ渡さなくていいです。場にプレゼントカードがなくなった時にゲームが終了しその時に1番プレゼントカードを持ってる人が勝者となります。カードは1〜12までのカードがあり、1は1枚2は2枚……12は12枚といった具合にカードがあります。カードの単純な強さは1>12、...

    海月さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク