1クールライター ロボットエディション1 Cours Writer Robot Edition

※作品説明文が登録されていないため最も読まれているレビューを表示しています

<3分でわかる『1クールライターロボットエディション』>

1クールライターロボットエディションはプレイヤー全員が脚本家になり、1クール(12話)のロボットアニメをカードを選んで作るストーリーテラー型のカードゲームです。


<特徴、問題点>

『1クールライターロボットエディション』の特徴はストーリーテラー型(物語を作るタイプのゲーム)の中でも
ロボットアニメに特化したところでしょう。
ロボットアニメでおなじみのネタがカードに積まれていますので、ロボットアニメ好き同士であるならば
話を作るのにもりあがることでしょう。
1人が2パート分を作り、製作して、制限時間内にみんなで4話作らないと打ち切り状態になるシビアなところも特徴です。
問題点としましては、
話して物語を作るところに特化しているぶん、話がうまくできないメンバーでは楽しみづらい部分があるところです。
汎用性をあげているため、カードの内容も抽象的すぎるので、考える負担が思った以上に大きいところも問題でしょう。
制限時間内に完成できるかどうかがそこにかかっているため、逆に難しい部分もあります。


<こんな人に1クールライターロボットエディションはおすすめ>
・ロボットアニメが好きな人。
・ぼくのかんがえたさいきょうの○○というノリがいける人。
・僕が1番ロボットアニメを上手く作れるんだ!

<おまけ動画>


上記レビューの投稿者
  1. 鉄狼(てつろー)
  • 興味ある(1人)
  • 経験あり(1人)
  • お気に入り(1人)
  • 持ってる(2人)
コンセプトテーマ
コンセプトテーマ未登録
メカニクス
メカニクス未登録
会員が付けたタグ
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル1クールライター ロボットエディション
原題・英題表記1 Cours Writer Robot Edition
参加人数3人~5人(15分~50分)
対象年齢9歳から
発売時期2016年~
参考価格2,800円
クレジット
ゲームデザイン竹島 航太朗(Kotaro Takeshima)
アーティスト王 秋淩(Wang Chiu-Ling)
関連企業/団体尚美ミュージックカレッジECアントレゼミ(SHOBI College of Music)ゲーミフィジャパン(Gamifi Japan)

レビュー 1件

  • 58
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月08日 23時12分

    <3分でわかる『1クールライターロボットエディション』>1クールライターロボットエディションはプレイヤー全員が脚本家になり、1クール(12話)のロボットアニメをカードを選んで作るストーリーテラー型のカードゲームです。<特徴、問題点>『1クールライターロボットエディション』の特徴はストーリーテラー型(物語を作るタイプのゲーム)の中でもロボットアニメに特化したところでしょう。ロボットアニメでおなじみのネタがカードに積まれていますので、ロボットアニメ好き同士であるならば話を作るのにもりあがることでしょう。1人が2パート分を作り、製作して、制限時間内にみんなで4話作らないと打ち切り状態になるシビ...

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール・インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿