1クールライター ロボットエディション1 Cours Writer Robot Edition

最終更新日:2017年02月08日 23時12分

ご協力ください1クールライター ロボットエディション(1 Cours Writer Robot Edition)の紹介文作成について

当サイトに掲載されている情報は、ボドゲーマ運営事務局・有志の皆様およびゲームデザイナーご本人様にご協力をいただきながら、登録されています。

国産ゲーム・同人ゲームも海外製のゲームと同様に掲載させていただいておりますが、商品流通量が少ないことでインターネット上に情報が現れにくく、本来「1クールライター ロボットエディション」に対して興味を持つはずのユーザーが、作品の存在に気付けていないというケースは少なくないと考えています。

私たちボドゲーマ運営事務局は、国産ボードゲームを応援しています。作品に関する情報や魅力を一人でも多くの人に伝えるツールとして当サービスをぜひご活用ください。

特に「1クールライター ロボットエディション」のゲームデザイナーの方・ご関係者の方、そしてファンの方は、情報の登録にご協力いただければ幸いです。また、レビューやインストページではYouTube動画を埋め込むことも出来ます。

もしご協力いただける場合は、お手数ですが一度ログインしていただき、紹介文作成ボタンからご投稿いただければ幸いです。

  • 興味ある(1人)
  • 経験あり(1人)
  • お気に入り(1人)
  • 持ってる(2人)
作品データ
タイトル1クールライター ロボットエディション
原題・英題表記1 Cours Writer Robot Edition
参加人数3人~5人(15分~50分)
対象年齢9歳から
発売時期2016年~
参考価格2,800円
ゲーム属性の評価ログインで評価可能
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
メカニクス
メカニクスが未登録です
クレジット
生まれた国日本のボードゲーム
ゲームデザイン竹島 航太朗(Kotaro Takeshima)
アーティスト王 秋淩(Wang Chiu-Ling)
メーカー/販売尚美ミュージックカレッジECアントレゼミ(SHOBI College of Music)ゲーミフィジャパン(Gamifi Japan)

レビュー 1件

  • 54
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月08日 23時12分

    <3分でわかる『1クールライターロボットエディション』>1クールライターロボットエディションはプレイヤー全員が脚本家になり、1クール(12話)のロボットアニメをカードを選んで作るストーリーテラー型のカードゲームです。<特徴、問題点>『1クールライターロボットエディション』の特徴はストーリーテラー型(物語を作るタイプのゲーム)の中でもロボットアニメに特化したところでしょう。ロボットアニメでおなじみのネタがカードに積まれていますので、ロボットアニメ好き同士であるならば話を作るのにもりあがることでしょう。1人が2パート分を作り、製作して、制限時間内にみんなで4話作らないと打ち切り状態になるシビ...

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール・インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿