マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

レジへどうぞZur Kasse bitte!

買った商品はなんだっけ?積み重ねた商品を答えていく記憶力ゲーム!

このボードゲームは、商品と値段の書かれたたくさんの商品カードを記憶し、なるべく商品を買わないように答えていく記憶力がものをいうカードゲームです。

山札から順番に商品カードを取って、その商品名を読み上げます。各プレーヤーは商品名を記憶し、これを繰り返していきます。ある程度商品が貯まったら「レジへどうぞ!」と宣言し、そのプレーヤーがレジ係となって場に積み上げられた商品を順番に各プレーヤーに答えさせます。ここで答えられなかったプレーヤーはその時点で回答終了となり、全てのプレーヤーが答えられなくなるか、全ての商品が答えられるまで回答を続けます。回答時間にも制限があり、付属の砂時計が落ち切るまでに回答しなければなりません。

全ての商品名が言えなかった場合、レジ係のプレーヤーは他のプレーヤーに答えられなかった商品カードをペナルティとして渡します。全ての商品名が答えられてしまった場合は、レジ係のプレーヤーが全ての商品の中で一番高額な商品カードをペナルティとして受け取ります。

また、商品カードをたくさん持っているプレーヤーの救済措置としてメモカードがあります。このメモカードを引いたプレーヤーは、一番商品カードを持っているプレーヤーの商品カード1枚を引き取ることになります。

5枚目のメモカードを引いて救済措置の行動を行ったらゲーム終了となります。全ての商品カードの価格を計算し、一番価格の少なかったプレーヤーの勝利となります。

最初に言ったように、記憶力が一番重要です。ただ、レジ係の宣言をするタイミングもあるので、駆け引きも楽しめます。家族向けのボードゲームのように思われますが、記憶力を試すという点から考えると知育ゲームとしてもいいと思います。そういった頭を使ったゲームをしたい方にお勧めします。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 12経験あり
  • 0お気に入り
  • 4持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルレジへどうぞ
原題・英題表記Zur Kasse bitte!
参加人数2人~5人(30分~40分)
対象年齢6歳から
発売時期2005年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿