マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 20分~30分
  • 6歳~
  • 2016年~

3人の魔法使いスエさんのレビュー

86
名に参考にされています
2020年08月05日 10時42分

私たちは魔法学校の生徒達(^^)

ある夜、近くの広場で魔法の市場が開かれました。

しかし、魔法学校は夜の外出は禁止です。

好奇心に勝てなかった私たちはこっそり学校を抜け出し、市場に出かけました。

賑やかな市場を楽しみ、時間は深夜。

帰り道は真っ暗です。しかも、お化けのヴィリー先生が見回りに来てしまいました!!

先生に見つかったらすごく怒られてしまいます。

魔法の灯りをたよりに、無事学校まで戻れるでしょうか?(^^)



ゲームの基本は市場から学校まで、お化けの先生に捕まらないように進んでいく鬼ごっこのようなゲームです(笑)

全員がお化けに捕まらずにゴールできればゲームクリア✨✨

逆に1人でも捕まってしまったら失敗となります( ̄▽ ̄)


進め方は、まず1人1枚、周りの丸タイルを見て何のマークか覚えます。

覚えたらタイルを戻し、初めの人がサイコロを振ります。出たマークと同じ丸タイルを開けたら、その数だけ進む事が出来ます\(^^)/

この時、他の仲間たちとどのタイルを開けるかは相談して決めることが出来ます。

ただし、この時にお化けの描いてあるサイコロの目やタイルを開いてしまうとヴィリー先生が進んでしまうので注意が必要です!


全員がサイコロを振ったら、最後にヴィリー先生が床の矢印の数だけ進んできます👻


これを繰り返し、皆で協力しながら魔法学校のゴールを目指します(^^)


やってみての感想は、ヴィリー先生が迫って来るのに非常にドキドキしますし、「確かこのマークはここだったよ!」「いやーここだった気がする」など皆で相談しながら協力して進んでいくのも楽しいです。

自分が覚えていたタイルで仲間の危機を救えた時は誇らしい気持ちになりますし、逆に覚えるのが苦手な人も周りからの助けがあるので、安心してプレイできます\(^^)/

特に子ども達の記憶力は凄いため、大人の方が助けられる場面もしばしば(笑)

また、お助けアイテムの数を調整すれば難易度も変えられるため、何度も繰り返し楽しめます✨


分かりやすく、コンポーネントも豪華で、大人も子どもも幅広く楽しめる個人的にとてもオススメのゲームです( *¯ ꒳¯*)✨

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ボードゲーム感想備忘録
スエさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 11興味あり
  • 38経験あり
  • 5お気に入り
  • 19持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル3人の魔法使い
原題・英題表記Wizardry to the power of three
参加人数2人~6人(20分~30分)
対象年齢6歳から
発売時期2016年~
参考価格4,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

スエさんの投稿

会員の新しい投稿