マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 45分~60分
  • 12歳~
  • 2016年~

ネビュラBluebearさんのレビュー

285
名に参考にされています
2020年01月18日 12時12分

「蒸気の時代」「ブラス」で有名なマーティン・ワレス氏のデザインした、架空世界の都市発展ゲーム。

コミカルタッチで描かれたイメージから、比較的難易度の低い交渉・建設のゲームに見えますが、やっぱりこの有名デザイナーが手掛けただけあって、エリアの確保と資源の調達が非常に厳しい、思考性が非常に高いゲームでした。

霧に閉ざされたネビュラの谷に王国を再建するため、霧を払ってのルートを確保しながら失われた遺跡に必要資源を運び入れ、先に5つの都市を建造したプレイヤーの勝利となります。


この「都市の建設」ですが、そこに至るまでの道筋が非常に長くなるようにデザインされており

  1. 職人コマを送り込んで資源開発をする。

  2. 遺跡マスを確保して、都市の建設予定地とする。

  3. 霧のマスを探索して、資源の輸送ルートを作る。

  4. 建設予定地に、必要な資源を輸送する。

  5. 必要な種類の資源がそろったら都市コマを建てる。

  6. 建てた都市の特殊効果を適用する。

…と、長い流れが必要なのに対し、自分の手番にはわずか2アクションしかできないので、先々の展望をしっかり考えないといけないのです。(これが難しい!)

もしテキトーにやると、せっかくの資源が余ってしまい、これは最後に全部《マイナス点》になる、といういかにもワレスっぽいシビアなルールなのです。


露骨に相手を妨害したり、嫌がらせをしたりする要素は少ないのです。しかし、産出させた資源はみんなで共通だったり、霧を払って作った輸送ルートも互いに共有だったり、他のプレイヤーと思惑を合わせなければならない要素が多いため、「誰と協力するか」、「誰の展開に乗っかるか」、が非常に重要となります。

そのため、攻撃要素がないにもかかわらず、他者とのからみがとても深いというこの感覚は、仲間とプレイすると非常に心地いいです♪


「ねえねえ、みんなそろそろ豚(食料のこと)欲しくない?誰か開発してよ~」

「いやあ~、どうしようかな(ニヤニヤ)。俺はさしあたってこっちの石が欲しいんだよね」

「きゃー!私の分も残しておいてよねっ!」

「いやいや、そこは早いもん勝ちですからねー」

「でもそっちはまだ輸送できないじゃない」

「え…?、あ!しまった!ここのエリアつながってないや!しまった見逃した!」

「ほほ~残念(笑)。じゃあ俺の番ね。その最後の石をもらって、この建設予定地に運んじゃいまーす」

「きゃー!意地悪!」

「さては…この『商店』の建設を狙ってるな。まずいぞー。都市2つ目だぞ。」

「ふふふ、じゃあその隙に、ワタシはこっちに道を作ります♥」

「え?もしかしてあの小麦と粘土狙い?」

「いやー、また欲しい資源取られるー!誰か協力してー!」

といった感じの展開でした。


残念ながら4人しか参加できませんが、考えることが非常に多く、勝ち筋を見極めるのが非常に難しいため、脳みそを振り絞って最善手を考えるドイツゲームならではの快感を思いっきり味わえます。

ルール自体はそれほど難しいものではなく、実際今回我々のところでは、ひとり初心者が混ざっている状況でしたが、ていねいにインストしても10~15分くらいでみんな理解でき、スムーズにゲームを開始することができました。特殊な処理がほとんどないので(建てた都市ごとに特殊な効果が発動するので、そこだけ気を付けて確認していく必要はありますが)一度流れを理解してしまえば、戸惑うことはほぼありません。

ただし、表示では45~60分とありますが、その時間では全然終わりませんでした。

必然的にアクションの選択にかなり悩むことになるので、長考を推奨するつもりはないのですが、どうしても手番に時間がかかります。ただし、みんなして迷っている状況は同じなのと、互いに協力する要素もあるため、あーだこーだ相談しながら最善手を検討することになるので、長考と言っても間延びした印象は全くありませんので大丈夫。結局1ゲームに90分くらいかかってしまいました。

時間の都合で、もう1ゲーム!とならなかったのですが、全員が「これはいいゲームだね♪」「今度またやりたい」という声が上がり、非常に好評でした。

近いうちに再戦したいと思います。

3
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
  • kaya-hat
  • Jarry
ネビュラ
ネビュラの通販
世界のゲーム専門から名作との呼び声高い「ネビュラ」。霧が晴れていくデザインが美しく、多彩な戦略が楽しめる!
残り1点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 4,356(税込)
Bluebearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 99興味あり
  • 271経験あり
  • 55お気に入り
  • 193持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力13
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見7
作品データ
タイトルネビュラ
原題・英題表記Via Nebula
参加人数2人~4人(45分~60分)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿