マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 45分~75分
  • 10歳~
  • 2017年~

アンロック!atcktさんのレビュー

392
名に参考にされています
2017年09月18日 23時13分

フランス産の謎解きゲームです。
日本で言えば、持ち帰り謎、といえば謎クラスタの方々は分かりやすいかもしれません。

そうでない人向けとしては、「一度しか遊べない発想とひらめきを必要とする協力ゲームです。目標までいち早く着くための時間制限もあります」という感じでしょうか。


▼ゲームの概要

謎がすべてなので、写真はありますが、出せません。また、謎には触れられないので、コンポーネント面からイメージして頂ければいいかと思います。
中にはカードの束が3つ入っています。これは3つの謎が1つの箱に入っており、別々の謎になっています。つまり、3回まで遊べます。

ルールを読む必要ほほとんどなくて、カードに指示があり、開くカードもカードに描かれています。少ないカードを使った、ちょっとしたチュートリアルも用意されているため、それを一度遊べば感覚はすぐにつかめると思います。

このゲームを遊ぶ時に必要なものがもう一つあり、それはスマートフォンです。
これは専用のアプリがあり、無料でダウンロードすることが出来ます。これを開いて進んでいくのですが、これにはストップウォッチが連携されていて、時間内に解く必要があります。(大体1時間程度です)

カードには数字が書かれており、それらの数字を合わせて次に示すカードを探します。これを繰り返していき、ゲームを進めるのですが、時には暗号を入力したりしなければなりません。こちらはスマートフォンを使います。

これら両方を駆使しつつ、ゴールを目指します。

1人でも遊ぶことはできるのですが、絶対に複数人で遊んだほうが面白いと思います。



▼プレイの感想

私はこれまでにドイツはKOSMOS社から出ている「EXITシリーズ」、イタリアのdVgioci社から出ている「デックスケープ」、日本のSCRAPさんらが作られている「持ち帰り謎」を遊んだことがあります。その上での、比較しての感想となります。

少し歴史的なところから触れたいと思います。
昨年からヨーロッパで出てきた謎をメインに据えたボードゲームです。いや、謎解きキットかな。日本的にいうなら。
というのは、友人の謎解きに詳しい方に聞いたのですが、こういった謎解きゲームはさかのぼること2004年にネット上に公開されたゲーム、クリムゾンルームを基礎としています。

これが全世界的に同時多発的に様々な方向に進みました。
日本で言えば、SCRAPさんの脱出ゲームというイベントが有名ですね。他にも各地にいくつも団体が存在し、毎週のようにイベントが行われています。(2017年現在)

これと同様に今、ドイツやオランダ、フランスでは専用の脱出部屋があり、ゲームを行うイベントが多く開かれています。
オランダではボドゲショップの地下にあったり、ドイツではドイツ語はおろか、英語でも楽しめるものもあったり。

各地でそれぞれ発展した、というのもここにも出ており、ドイツになるのですが、同じ部屋を2つ用意して、2つのグループで先に脱出を目指す、というものもあります。

これに比較して、日本の脱出ゲームはその雰囲気やテーマに力を入れているように感じました。
※私は日本、ドイツで脱出ゲームを遊んだことがあります。オランダのショップでは話を聞かせてもらったり、例の友人からは中国の状況(あちらは電子系がすごい)を聞いたりしています。


遊んだ後に感じたこととして、「フランスの脱出ゲーム」という切り口がこのゲームにあるのかな、と感じました。謎というよりは、パズルに近い感じがしました。
このアンロックの場合、一番近いなと思ったのは「デックスケープ」でした。

もちろん、これが一番簡単な謎だったから、という可能性は十二分にあります。ただ、持ち帰り謎っぽい感じはしなかったです。どちらが好きか、というのは私の場合は謎(特に解けない方)が好きですね。アンロックが面白くなかった、ということはありません。どちらも面白かったが、性質が別物だった、ということになります。ボドゲのジャンルみたいな感じです。

こちらも色々なバージョンが出ているので、またタイミングがあれば遊びたいと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
アンロック!
アンロック!の通販
謎解き脱出ゲームを、ボードゲームで!
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 4,950(税込)
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 241興味あり
  • 761経験あり
  • 149お気に入り
  • 338持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力18
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見10
作品データ
タイトルアンロック!
原題・英題表記Unlock!
参加人数2人~6人(45分~75分)
対象年齢10歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿