• 3人~5人
  • 45分~60分
  • 10歳~
  • 2015年~

チューリップ・バブルTULIP BUBBLE

ルールブックを読むと一見考慮しなければいけない条件が複数あり複雑なルールに思えますが、1度試しにやってみてわかったのは、競りの基本「安く買い、高く売る」の実践を目指した行動をすれば良い、という明快なルールだということでした。

場に出ているチューリップの枚数を希少価値として相場変動に影響を与えているあたり、交易王など競りボドゲが好きな私には、ワクワクする楽しいボドゲでした。

「安く買い、高く売る」が重要なのに加え、「条件が揃えばチューリップマニアに更に高く売れる」というルールを実践するタイミングの見極めが重要だと思います。私の場合最初からマニアに売ることに固執しすぎてしまい、相場よりかなり高額で球根を買ってしまって借金返済が難しくなってしまいました。


最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:tokyotoyopy
  • 24興味あり
  • 51経験あり
  • 11お気に入り
  • 53持ってる
販売中の商品
該当商品が見つかりませんでした
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルチューリップ・バブル
原題・英題表記TULIP BUBBLE
参加人数3人~5人(45分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2015年~
参考価格3,500円
クレジット
ゲームデザイン紅陽
アートワークことり寧子
関連企業/団体ぐうのね
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 123
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月25日 08時26分

    ルールブックを読むと一見考慮しなければいけない条件が複数あり複雑なルールに思えますが、1度試しにやってみてわかったのは、競りの基本「安く買い、高く売る」の実践を目指した行動をすれば良い、という明快なルールだということでした。場に出ているチューリップの枚数を希少価値として相場変動に影響を与えているあたり、交易王など競りボドゲが好きな私には、ワクワクする楽しいボドゲでした。「安く買い、高く売る」が重要なのに加え、「条件が揃えばチューリップマニアに更に高く売れる」というルールを実践するタイミングの見極めが重要だと思います。私の場合最初からマニアに売ることに固執しすぎてしまい、相場よりかなり高額...

    続きを読む
  • 71
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月22日 12時30分

    中世オランダを舞台にした競りゲーです。最も希少な黒いチューリップの購入を目指して頑張りましょう。プレイヤーは最初に20ギルダーのコインを受け取り、場のチューリップとその相場を見ながらチューリップの売買を行います。希少価値の低い(場に多くある)チューリップほど相場が下がり、その逆も然り。安く買って高く売る。品種や色を揃えてマニアに売りつけ更にボーナスを貰う。借金をしてでも空買いを行っておく。様々な駆け引きを楽しめます。しかし気をつけなければならないのは相場変動カード。特定の色のチューリップが高騰したり、最も価値の高い色のチューリップが暴落したり。終盤ではバブル崩壊さえもあり得ます。誰かが黒...

    続きを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 56
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月02日 00時13分

    重要なのは「固執しない」というところだと思います。「相場変動カード」によって手札の価値が乱高下するので「今売ったら、買った時より5金も安い」なんてことがあっても次のカードを買うために積極的に売り逃げたり「マニアに高く買ってもらう」と思って手札をためていても先に他のプレイヤーに取られるリスクや、そこまでの手数を考えたら結果的に「売り場」で売っていた方がよかったなんてこともあります。そして「借金するときは返せる見込みを持ったうえで無駄な借金はしない」ことをおススメします(;''∀'')

    続きを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿