マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

トラムウェイズTramways

作者が「蒸気の時代」が好きだ、というだけあって、やってることは全く違うのに、やや似ているなと感じたゲームです。

基本的に可変のボード上に線路を引き、最初に決まる都市に建物を建て、乗客を運ぶことによって得点やお金を稼ぐゲームです。

非常に分かりにくいため、初プレイで理解して、2回目から遊ぶタイプのゲームです(それくらい作りこまれている、という意味です)


▼ゲームの概要

説明はやや難しいです。そのため、大幅に削った内容で書きます。

最初にボードといった共有エリアと、個人ボードやデッキといった個人エリアを準備します。
個人エリアにはカードが置かれます。これは「デッキ構築」に近く、手札上限7枚になるように毎回引かれます。
ただし、全部で6ラウンドしかないため、デッキ構築ゲーム、と呼ぶにはちょっと言いすぎです。

手札となるカードにはいくつかのアイコンが描かれています。背景による種類はありますが、基本的にどの種類も描いていることは共通のアイコンの内、どれがあるか、いくつあるか、です。

アイコンには「線路を引く」「都市」「施設(アルファベット)」「お金」「ミープルアイコン」が主に描かれています。
カードを使う際、どのアイコンを使うか、というのを選択します。


さて、ゲームは3つのフェイズからなり、合計で6ラウンド行います。

1つ目のフェイズは競りです。
競りですが、ちょっと変わった競りです。
ボードの左にあるトラックを使います。写真上では右のプレイヤーから値付けを行います。最初にパスしたプレイヤーは、このラウンドの最終手番となります。

ただし、この値付け、言った瞬間お金がかかります。
一通り値付け・パスが終わったら2周目になり、同様に行います。もちろん、お金は払います。ですが、この時、以前の値付けが1番であれば、「自動的に」このラウンド、1番手になります。

かなりわかりづらいですが、この競りは正直やってみないと勘所が分かりません。

こうして、決まった順番でアクションカードを取ります。アクションカードはあらかじめ人数分めくられているため、競りの順番がすごく重要になります。これは手札に入ります。ポイントはプラスのカードだけでなく、「他のカードを捨てる」等マイナスのカードもあります。


2つ目のフェイズはアクションです。
1アクションずつ1周り、その後2アクションずつ1周りします。

アクションは3種類あり、「線路を引く・建物を建てる」「線路を、建物をアップグレードする」「乗客を運ぶ」のいずれかです。

このアクションをする際、手札を使います。線路を引く場合は、線路のアイコンのカードを出せばいいのですが、線路を施設から施設につなぐ場合、相手先の「施設を示すカード」も一緒に出す必要があります。ちょっと特殊ですね。

「建物を建てる」場合も同じで、「建物を建てる」アイコンのカードと「施設を示すカード」を出す必要があります。

アップグレードも同じ感じでやります。

「乗客を運ぶ」場合、目的地の施設の色のアイコンのカードを使います。この時、乗客はどれを使っても構いません。線路を使うのも、自分以外の線路を使うことが出来ます。
乗客を移動させると、線路のプレイヤーにお金と得点が入ります。この時、他のプレイヤーの線路を使うと、そのプレイヤーにお金を支払う必要があります。


最後のフェイズはアクションカードの使用です。
こちらはお金をもらったり、ミープルを補充したりします。ミープルは建築するたびに消費されています。


▼プレイの感想

これを6ラウンド繰り返すのですが、「さっぱりわからない。何を言ってるんだ、お前は」というコメントは、まさにその通りだと思いますし、実際遊んでも同じような話になりそうな気はします。

中々に分かりにくい、ミスが起きやすいゲームです。そして上記の3倍ぐらいルールがあります。
ただ、実態だけを言うと、蒸気の時代に近く、2回目のプレイではあれやこれやが見えているため、のびのび遊ぶことが出来ると思います。

基本的に建築発展形ですので、最初についた差、というのはあまり埋まることがありません。
そして、心が折れてくる人もいるだろうな、と感じるゲームではあります。

その分といえば、そのままですが、噛み応えのあるゲームです。あれが出来る、こうできる。こうしたら儲かるけれど、あのプレイヤーの手番を許すわけにはいかないから邪魔が出来るなどなど。

後から見えてくることの多いゲームに仕上がっています。その上で、あの競り方法は本当にいやらしいゲームだな、って感想になるんじゃないかなぁ…


最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:atckt
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 9経験あり
  • 1お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルトラムウェイズ
原題・英題表記Tramways
参加人数1人~5人(120分前後)
対象年齢14歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 160
    名に参考にされています
    投稿日:2017年10月16日 00時03分

    作者が「蒸気の時代」が好きだ、というだけあって、やってることは全く違うのに、やや似ているなと感じたゲームです。基本的に可変のボード上に線路を引き、最初に決まる都市に建物を建て、乗客を運ぶことによって得点やお金を稼ぐゲームです。非常に分かりにくいため、初プレイで理解して、2回目から遊ぶタイプのゲームです(それくらい作りこまれている、という意味です)▼ゲームの概要説明はやや難しいです。そのため、大幅に削った内容で書きます。最初にボードといった共有エリアと、個人ボードやデッキといった個人エリアを準備します。個人エリアにはカードが置かれます。これは「デッキ構築」に近く、手札上限7枚になるように毎...

    atcktさんの「トラムウェイズ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿