マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~120分
  • 12歳~
  • 1982年~

タイガー1Bluebearさんのレビュー

239
名に参考にされています
2017年08月29日 19時22分

これまた懐かしい、ツクダホビー全盛期の作品です。

このゲーム自体は、男の子ロマンに溢れた傑作で、『どっちが強いの?』という疑問にある種の答えを提示してくれます。

従って、『戦車』という『メカ』の戦いを再現したい(特に私らのグループはそうだった)プレイヤーにとっては、狂喜乱舞の内容でした。

しかし、シミュレーションというものは現実をある視点から切り取ったものですから、どういう視点に立つか、によって当然満足度は異なります。

『歴史』や『戦場全体』を再現したいと思うプレイヤーも当然いるわけで、そういったプレイヤーからはかなり厳しい批判にさらされ、かなり不毛な議論を巻き起こした事は有名です。

私個人は、あくまでデザイナーの意図を優先すべきだと思っており、『戦車vs戦車』のみの限定的な状況を意図的にクローズアップしてデザインされている以上、「歩兵がいないのは不自然だ」「実際の戦場が歴史的に再現不可能」などの批判はマト外れだと感じていました。

このゲームは最初から「戦場」「歴史」の再現を目指していないわけですから。(歴史的なシナリオがくっついていたのが悪かったかな?)

純粋に好きな戦車を並べて、

よし撃てっ!当たった!よし抜けた!うわっ弾かれた!接近だ!側面へ回り込め!装填まだかっ!砲塔旋回だっ!

…とやりたい戦車ファンには、歩兵のルールがさらにある、というのは我々にははっきり言って蛇足でしかなかったわけです。(どう考えても同じルールになる訳がないのですから)

この考え方には未だに賛否あると思います。

私は『史実の再現』を否定する気もありません。それはそれで立派なシミュレーションですし。

なので、残念ながら少なくともこのゲームは人を選ぶ事は確かなのでしょうね。

嫌いだと言われるなら、それは好みの問題ですから仕方ないです。

ですが、少なくとも我々のグループはこのゲームの大ファンであり、興奮して徹夜で夢中になってやり込んだゲームの一つであるという事もまた確かです。

また思いっきり戦わせたいです

画像キャプション

追記

私が知る限り、戦車の被弾角度による装甲効果の違いを分かりやすく表現したシミュレーションゲームは他に存在を知りません。

そんなところもまた魅力ですね。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • マガジン坊や
Bluebearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 11経験あり
  • 1お気に入り
  • 3持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘3
アート・外見0
作品データ
タイトルタイガー1
原題・英題表記Tiger I
参加人数2人~4人(60分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期1982年~
参考価格4,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿