マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

星の契りStarry Swear

七夕の夜。イチャコラしすぎて帰れなくなった織姫と彦星を元の星座に帰してあげるゲーム。

===================================
◆【おはなし】
 昔々、あるところに織姫と彦星という若者がおりました。
 二人はお互いに夫婦(めおと)でありながら、天帝の怒りによって
 七夕の晩にしか出会うことを許されませんでした。

 月日は流れ、七夕の晩。織姫と彦星は天の川にある島で落ち合い、
 二人だけの時間を楽しみました。

 しかし、時間はあっという間に過ぎ去り、
 あたりは白み始め、星の輝きが見えなくなってしまいました。
 帰り道が分からなくなり、織姫と彦星はすっかり困り果ててしまいました。

 プレイヤーは、白み始めた夜空に『星の道筋』を引いて
 無事、二人を元の星座に帰してあげられるでしょうか?
===================================
◆【ゲームの目的】
 「星座カード」の間に「道筋カード」を配置し、
 織姫と彦星をそれぞれの星座に帰してあげましょう。
===================================
◆【セールスポイント】
●二人であれこれ相談できる『2人用協力ゲーム』
 配置した「道筋カード」について、あれこれ相談してOK!
 どんなカードを置いたから、ここからこうやって繋がるカードが欲しい!
 など、お互いに相談をしよう!
●記憶が便りの『暗記ゲーム』
 小難しいルールは排除!配置した「道筋カード」を覚えておくだけ!
 初めてボードゲームを遊ぶ人でも、安心の簡単ルール。
 でも、案外どこにつながっていたのかを覚えておくのは大変!
 相手にも覚えて貰いつつ、正しいルートで配置していこう!
===================================

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 尾根ギア尾根ギア
星の契り
星の契りの通販
七夕の夜。イチャコラしすぎて帰れなくなった織姫と彦星を元の星座に帰してあげるゲーム。
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 700(税込)
マイボードゲーム登録者
  • 8興味あり
  • 14経験あり
  • 2お気に入り
  • 23持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトル星の契り
原題・英題表記Starry Swear
参加人数2人用(15分~25分)
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格500円
クレジット
ゲームデザイン尾根 ギア(Onegear)
アートワーク尾根 ギア(Onegear)
関連企業/団体FR@gamesSMART500ゲームズ(Smart500 Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 58
    名に参考にされています
    投稿日:2020年01月13日 10時38分

    帰り道を見失った織姫と彦星をそれぞれの星座に帰してあげる協力型カードゲーム織姫側、彦星側それぞれトークンがみっつあり、計六つのトークンをそれぞれこと座とワシ座へと導いてあげなければならない完了時にいくつのトークンを帰せたかで相性が数値化されるので、カップルや夫婦でやってももりあがりそうゲームとしては三本のルートがかかれたカードを交互に伏せて置いて道を繋げていくのだけど、置いたカードについてしか相談できないつまり、○今こういうカードを置いてトークンはここまでいける×ここにこういうカードを置いたらこっちに繋げる?×こういうカードを持ってるからこういうカードを置いてという感じで手札の情報とか誘...

    パパひのさんの「星の契り」のレビュー
  • 139
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月01日 20時35分

    手札のカードを使って星のルートをついでいく「協力型」ゲーム。カードを配置している間はカードの表面を見ることができず、また配置がプレイヤー交互なので相手の配置を信用するしか無いのですが、そこが純粋に楽しい。最後にカードを表にしていくところのワクワク感も!ルールがシンプルで迷うところもほぼなく、テーマとシステムがとてもよくマッチしています。

    9joe_masaharuさんの「星の契り」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

ルール/インスト 1件

  • 96
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月28日 09時19分

    【簡単なルール】①最初に「星座カード」を配置して、星座の位置関係を作ります。スタートは「はくちょう座」からスタート。②お互いに、手札から一枚ずつ「道筋カード」を裏向きに配置して、「はくちょう座」から、それぞれ「こと座」「わし座」へと繋がるようにします。※裏向きに配置したカードはちゃんと覚えておきましょう!※配置したカードについて、お互いに相談してOKです!③全てのカードを配置し終えたら、答え合わせ! 織姫と彦星を移動させながら、カードをオープンにしていきます。 見事二人(とお付きの人)を元の星座に帰してあげられるでしょうか?? 

    尾根ギアさんの「星の契り」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿