マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2014年~

宝石の煌き手持ちにできるカードの枚数について

311
回表示されています
2018年02月17日 14時15分
ルールについて

マニュアルだと、発展カードの手持ちでの確保のところにPlayers may not have more than three reserved cards in hand, とあるのですが、これは手持ちは2枚までという意味なのではないでしょうか。

更新を通知
nekononedokoさんの掲示板をシェア
  • #1
    やませさんのコメント 4ヶ月前

    more than X は、Xより大きい(Xは含まず)となるようです。

    なので、確保できる枚数は、3枚で良いかと思います。

    http://dmed.co.jp/blog/more_than/

  • #2
    nekononedokoさんのコメント 約1ヶ月前

    やませさん、丁寧にありがとうございます!確かに、moreの意味が以上ではないようでした。

  • #3
    新しいコメントを投稿します
    ログインするとコメントの書き込みが出来るようになります。

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク