マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 60分~90分
  • 10歳~
  • 2019年~

下町メイド物語デルさんの戦略やコツ

133
名に参考にされています
2019年09月17日 05時06分

仮ライセンス取得時に手札に加わる奥義カードはどのヒロインも強いステータスを有していますが、アクションフェイズで使用するカードや野外活動の選択肢次第でいくらでもその強弱が変わってきます。

その中でも特に難易度が高いと感じたのはカード番号0001と0004です

0001は単純に勝ち点を『7点』得る能力です。しかし後半になると特定の条件を満たしていれば7点を得られるといったカードが出てきます。無条件で7点取れるのは一見強いように感じますが、アクションカードのコンボ次第でいくらでも点数を生み出せるので、単純なテキストであるこのカードは使いづらいと考えています。

0004は×のついている講義を自分だけ受ける事が出来る能力です。当然まだ始まっていない講義しか受けられないので、なるべく早く奥義カードを取得するのが望ましいのですが、明らかに2年生時の1コマ目までに奥義カードを取得するのが困難です。

これをなるべく早く行う方法がA0009の『仮ライセンスを無条件で得られる購買アイテム』なのですが、アイテムそのものが毎回ランダムで販売されるため、確実に購入できる保証はありません。これ以外にあるとすれば、特定の能力値を初期値選択する際に1つだけ5にし、出来るだけ早く12に持っていく以外に最善手はありません。

このようにこのゲームの戦略やコツは1度プレイしただけでは、まず掴みづらい位置にあります。何度かプレイした中で、各奥義カードのアドバンテージや卒業課題にあった手札構築、能力値を上げるに適したコンボ等々を掴んでいける内容となってます。


0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
デルさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 30興味あり
  • 31経験あり
  • 8お気に入り
  • 31持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトル下町メイド物語
原題・英題表記sitamachimaidomonogatari
参加人数3人~6人(60分~90分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格7,000円
クレジット
ゲームデザイン香川俊宗
アートワークつるしまたつみ
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿