マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 15分前後
  • 10歳~
  • 2018年~

サイレントパーティ白州さんのレビュー

128
名に参考にされています
2018年07月27日 13時02分

6/10

ガキ使みたいに「笑ったら負け!」という、あるようでなかった衝撃的なルール笑

「犯人は踊る」のデザイナーによるゲームマーケット大阪2018の新作。

手番では、手札の単語が書かれたカードを場に出していくだけ。

出す場所は2箇所あって、好きな方に出すことができ、出したら、その2つの言葉を言う。

含み笑いはセーフで、声を出したらアウト! シンプルすぎる笑

発想はめちゃくちゃおもしろいのだが、メンバーによってかなり差が出るゲーム。

実際、笑ってしまう人はかなり固定になりがちなのと、ゲームをやる人のテンションによっては「これの何が面白いの?」となりかねないゲームで、馬鹿笑いできるメンバーであればいいが、使い所は結構シビア。

ゲームに笑いを求めない人にとっては意味不明なゲームだが、そこらへんを気にしない人にとっては、かなりパンチのきいたゲーム。

よって、かなり評価は別れるだろうが、平均的にみると、ゲームとしては評価5かな。

そこにガキ使的なインパクトのある面白いキャッチーなところを評価して+1。

まぁ、このレビュー読んで面白そう!と思ったあなたはプレイしても大丈夫かと笑

ただ、最近の新作なのだが、ゲームマーケット春2018でも、10個しか販売されておらず、謎にレア化しているのは残念。

戦略的に流通させていないのかどうかはわからないが、一般の人にはウケよさそうだから、もっと出してもいいのにとは思う。

だが、カードはペラくて、まさに同人!といった感じなので、そこらへんは一般にはウケないかもしれないので、もし出すなら、カードはしっかりした方がいいかな。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 25経験あり
  • 2お気に入り
  • 17持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルサイレントパーティ
原題・英題表記Silent Party
参加人数3人~5人(15分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格1,500円
クレジット
ゲームデザイン鍋野 ぺす(Nabeno Pesu)
アートワーク鍋野 たま (Nabeno Tama)
関連企業/団体鍋野企画(NabenoKikaku)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿