マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 20分~40分
  • 10歳~
  • 2019年~

逃げゾンビ:リローデッド勇者アッキーさんのレビュー

1376名
4名
0
4年弱前


旧作の逃げゾンビはプレイ済み。


【ゲーム全般の内容】 

毎ターンに次々出現するゾンビを、手持ちのダイス目を振り、バットや拳銃で倒したり、仲間を集めたり、アイテムを手にいれながら、都市境界線を目指すゲーム。


【旧作との変更点】


・イベントダイスが廃止

・追加ダイスが廃止

・ゾンビダイスを振り直す逃走カードが廃止

・ネクロミコンの目やイベントが廃止

・ダイス目のコンボがキャラ毎に増加

・ゾンビ駒が小さくなった&カラフルになった

・仲間にも体力が追加され身代わりにできる

・ボスゾンビの体力が得点ポイントになった

・リーダーシップトークンの追加

・ストーリーモード(ソロ専用)の追加

・最大6人までプレイ可能(前作は4人)


【プレイレビュー】

前作にあった様々なルールがキレイに踏襲され、非常に遊びやすくなりました。ダイス目のコンボもキャラ毎に3つとなり、簡単なコンボも高確率で繰り出せるようになりました。



また、仲間にも体力が追加され、ゾンビの攻撃を身代わりになって受けることができるようになり、生存率も大幅にアップしました。仲間の特殊能力は、毎ターン発動するものもあれば、ダメージを受けたとき、死亡時に発動するものもあり、戦略に幅が広がりました。


アイテムも手に入れやすくなり、使いやすいものも増えました。



ただし、イベントダイスがなくなったので、毎ターンにゾンビは必ず湧いてきます。

前作にあった逃走カードもなくなり、ゾンビ目は基本的に振り直しができないので、油断すると大量のゾンビが一気に押し寄せてくることも... 



ボスゾンビも、ゾンビを召還したり、駒を進ませたりとイヤらしい攻撃をしてきます。


前作は生存か死亡かのどちらかでしたが、今作は都市境界線カードを引いた時点で得点を計算(仲間カードの点数+獲得ポイント+体力)するため、どれだけ自分が稼いだかにより、自分の腕前が試されるものとなり、よりプレイにやりがいが感じられるようになったと感じています。



ソロプレイ専用のストーリーモードは、4シナリオ毎に決められた目的地を達成すること。プレイヤーの行動を制限するトラウマカードがあり、シナリオの区切りにお買い物などの追加要素もあるため、かなり面白そうだと感じました。こちらはまだやっていないので、またプレイレビューをアップ予定です。


前作をプレイされた方も、今作から始める方も、これは買いだと感じました。プレイ時間が約30分程度でサクッとできるのも嬉しいですネ☆

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
パパパ
かな
としぞー
Bluebear
仙人
勇者アッキー
勇者アッキー
シェアする
  • 65興味あり
  • 97経験あり
  • 31お気に入り
  • 111持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

勇者アッキーさんの投稿

会員の新しい投稿