マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

リヴァードラゴンRiver Dragons

流れる川に石を置き、その上に橋を架け目的地の村を目指すゲーム。
石や橋はそれぞれのトークンを実際に置くことになる。
そしてコマは置いた橋の上を移動して目的地を目指す。
橋を置くときや自分の駒を移動するときに失敗すると川に流されてしまうところに臨場感がある。
筆者はプレイヤー数5人でプレイした。

ラウンドは2つのフェイズからなり、
第1フェイズで行うアクションカードを行う順番に5つ決定し、
第2フェイズでそのアクションを手番プレイヤーから順に1つずつ実行していく、というわかりやすいもの。
これをスタートプレイヤーを変えながら誰かが目的地の村にたどり着くまで行う。
行えるアクションは大別して
・自コマの移動(1マス、2マス、飛び越え)
・石の設置(1個、2個)
・橋の設置(1個、2個)
・橋または石を1つ取り除く
・他人のアクションを阻止するドラゴンカード(各相手プレイヤーごとにカードが存在する)
の5種類で8種類+対戦相手数のカードを持つ。
ドラゴンカードは1回の計画フェイズに1回しか使えない。

石を置く際にはボード上にある島の上に置かなければないが、島のどの位置においてもかまわない。
(ボードには裏表があり、もう片方の面には島が存在せず、石をボード上のどこに置いてもよい。
 筆者は島が存在する面のボードでのみプレイした。)
橋には6種類の長さがあり、石と石の間に橋を架けようとした際に長さが足りない場合は川に流され没収される!
移動アクションの際にも移動先が他プレイヤーの駒によってなくなったときや飛び越す相手コマがないときに川から落ち、振出しに戻ってしまう!

このゲームの欠点としては「石を置いたあとは位置を変えてはならない」、「橋が石と石の間の距離に足りなければ没収される」といった物理的なことにこだわっているが、橋の上にコマを置く際に少しずれたり、橋がばらばらになってしまうなどのプレイする際に必要なことによってそれらが崩れてしまう点である。
筆者がプレイした際にはコマの移動による石、橋のずれをなくすために駒は橋の脇に置くようにした。
臨場感を重視するゲームとして残念な点である。

さて、プレイ感はというと序盤のハゲタカの餌食などのバッティングゲームに近いものを感じた。
このゲームにおいて最も重要なアクションは移動に他ならない。目的地に到着することが目的なのだから。
移動を妨げる方法として移動先となりそうな橋を取り除くことやドラゴンカードにより移動を行えなくすることが挙げられる。
目的地に近いプレイヤーの移動を制限したいところだが、移動するカードが5つのうちいずれかを断定するには難しい。そこに次の手を「読み」でしか決められないバッティングゲームと似ていると感じた。
逆に言えば目的地に近づくまでの戦略が重要であるといえるかもしれない。
(例えば最も目的地に近づくのではなく、2番手に控えておくとか。)

しかし、同じ長さの橋を手元に持ってはいけないことや計2人以上のプレイヤーの橋を手元に持ってはいけないといった制約によって取り除く橋に制限があったり、どのように目的の村を目指すかというアプローチを決めたりすることによって戦略性、計画性も求められる。
ゴールが近ければ読みあいもある。確証のない「読み」は運ゲーだと嫌われることもあるのでそこを良しとするかは人によるだろう。

行うアクションがわかりやすい点やテーマとマッチしたコンポーネントもGood。

戦略性・計画性・臨場感(読みあいアリ)のこのゲーム是非お勧めしたい。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:ねる
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 6経験あり
  • 0お気に入り
  • 3持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルリヴァードラゴン
原題・英題表記River Dragons
参加人数2人~6人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2000年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 20
    名に参考にされています
    投稿日:2016年03月06日 18時40分

    流れる川に石を置き、その上に橋を架け目的地の村を目指すゲーム。石や橋はそれぞれのトークンを実際に置くことになる。そしてコマは置いた橋の上を移動して目的地を目指す。橋を置くときや自分の駒を移動するときに失敗すると川に流されてしまうところに臨場感がある。筆者はプレイヤー数5人でプレイした。ラウンドは2つのフェイズからなり、第1フェイズで行うアクションカードを行う順番に5つ決定し、第2フェイズでそのアクションを手番プレイヤーから順に1つずつ実行していく、というわかりやすいもの。これをスタートプレイヤーを変えながら誰かが目的地の村にたどり着くまで行う。行えるアクションは大別して・自コマの移動(1...

    ねるさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク