マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 20分~40分
  • 12歳~
  • 2016年~

リアリーバッドアートatcktさんのレビュー

103
名に参考にされています
2017年09月29日 22時01分

(無理難題な)お題に沿ってイラストを描いて、他のプレイヤーに当ててもらうゲームです。
ポイントはイラストを描く時間が『たった6秒』ということです。


▼ゲームの概要

お題カードを各プレイヤーに配って、2つあるお題の内、背景の色でいずれかのプレイヤーがどちらの色のお題を使うかを決めます。

各プレイヤーは自分のカードを確認したら、付属のボタンを押します。
そうすると、「ピッ、ピッ、ピッ、ブァー」 って音がします。
ブァーを合図に皆でこっそり書きます。

ビーって6秒後になるので、そこで書くのは終了です。

お題カードに山札から規定枚数追加して、よく混ぜて、ボードの下にあるA~Gのアルファベットの下に置きます。

置かれたから各プレイヤーは手元にあるA~Gのチップを使って、他のプレイヤーが書いたイラストがどれかをこっそりおいていきます。この時、自分のイラストにも置き、それは解答になります。

全員配置したら答え合わせになります。

正しかった人、および書いた人は正解の数によって得点を得て、これを繰り返します。
いずれかのプレイヤーが既定の得点を集めたらゲームが終了し、そのラウンドで最も得点の高いプレイヤーが勝利します。


▼プレイの感想

この6秒でイラストを描く、というのがプラスに動いているのがすごいところです。
というのは、お題カードが本当に難しい。翻訳を自力でやったのですが、英語は多少は分かるつもりですが、ほぼすべてのカードが分かりませんでした。なんやねん、「本気(マジ)」とか、「闇市」とか「退屈」とか。

まー、お題は本当に色々ありますし、こんなに書きにくいお題よく見つけてくるな、と感心します。

もう、なんていうか、考えるな(描く方も)、感じるんだ!(見る方は) という感じです。

イラストのうまい、へたはここまで来ると関係ないのもいいですね。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルリアリーバッドアート
原題・英題表記Really Bad Art
参加人数3人~6人(20分~40分)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿