マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 10分~20分
  • 5歳~
  • 2019年~

惑星たちの帰り道atcktさんのレビュー

71
名に参考にされています
2020年01月16日 00時59分

誰がどのカードを持っていたか、それさえ覚えていれば勝てるゲームです。それさえ覚えていれば。順次入れ替わっていくところが、プレイヤーへのプレッシャーを増やしていきます。洗面器か。


▼ゲームの概要

 の前に、「洗面器?」って思った人がいると思います。ほとんどか。

 昔、よく使っていた言葉で、「洗面器に顔を付けて、最初に顔を上げた人が脱落!(もしくは罰ゲーム!)」っていうやつから来てます。私もそんなゲーム、遊んだことありませんけれど。学校のプールでは似たことやりませんでした?


 さて、話を戻します。

 このゲームでは手札が「最初だけ公開」です。

 だれがどのカードを持っているか覚えておきます。後はクローズされます。


 手番では、山札からカードを表向きにめくって、それを誰かに渡します。渡されたプレイヤーが次の手番プレイヤーとなって、同様に行います。


 この時、「同じカードが手元に2枚来た場合、『渡したプレイヤー』が負け」となり、ライフチップを1つ失います。つまり、誰にどのカードが渡っているか、しっかり覚えておく必要があります。

 しかもこのゲームはただ手札を渡されるだけではありません。手札が3枚になったら、「一番古いカード」を裏向きに捨てます。こうやって手札が回っていきます。


 ちなみに永遠と続く場合がある? と思った人は正解です。

 このゲーム、もう1つの終わり方があって、捨てたカードに「7種類全部のカードがある」と思ったら宣言できます。

 もしあったら、そのプレイヤーに得点が入ります。確か(ちょっとうろ覚え


 誰かのライフチップが0になったら負けです。



▼プレイの感想

 人の覚えていられる数の限界に挑戦する感じです。
 そんなわけで、得意不得意が出やすいゲームですね。

 私は、ちょっと開発した覚え方でほぼすべて覚えられている感じでした(誰かが脱落するまでは)

 問題はその覚え方だと、何が捨てられているか、集計ができないところなんですが(だめじゃん


 個人的には達人たちは4枚目で捨てるようにするといいような気がします。達人ならば余裕ですよね?(作者に聞いたら、それは無理やで、ってことでしたけど)

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
atcktさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 5経験あり
  • 2お気に入り
  • 8持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトル惑星たちの帰り道
原題・英題表記Planet go round
参加人数2人~5人(10分~20分)
対象年齢5歳から
発売時期2019年~
参考価格1,400円
クレジット
ゲームデザインユピカ(yupika)
アートワークシチマロ(Shichimaro)
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿