マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 25分~60分
  • 13歳~
  • 2017年~

オープンロード白州さんのレビュー

210
名に参考にされています
2018年06月24日 22時33分

4/10

アメリカ大陸を自転車で横断するテーマのボードゲーム。

メーカーの名前が「オープンロードゲーム」なので、これが処女作だと思われる。

目的は明確で、ゲームの最初にアメリカの東側と西側の地名カードが配られて、片方をスタート、片方をゴールとして、ゴールすれば勝ち!わかりやすい!

移動するためには、エネルギーマーカーが必要で、1マス移動するのに1個必要。

だが、最初はエネルギーマーカーが3個しかないので、補充も大事。

ちなみに東と西以外に寄り道カードや内陸カードというのがあって、これらに示されている場所にいくと、お金やエネルギーマーカーを3〜5個もらえたりする。

お金は5金払うとエネルギーマーカーを2個もらえたり、ボードにいくつかある首都にちょうどとまると、ホテルに泊まれて、2金をエネルギーマーカー2個に効率よく変換できたりする。

ちなみに手番でできるのは、2アクションで、移動やお金をエネルギーに変える以外にアクションカードを引くこともできる。

カードには、エネルギーやお金を増やしたりするカードが大半だが、中にはエネルギー消費なしで2マス動けたり、他のプレイヤーを妨害したりできる。

と聞くだけだと面白そうなのだが、ぶっちゃけ寄り道するより最短ルートいった方が早いし、その途中に3〜5個補充できる場所があれば、もちろんいいんだが、それだと運ゲーだしといった感じなので、ガチでやるより雰囲気重視のゲームかな。

ボードやコンポーネントは今風でよくできているのだが、いかんせんシステムがすごい昔を感じさせる。カードの中に「誰か1人を指名して1回休み」があるのは笑った。

あと、アクションカード5枚集めると、マザーカードっていうアクションカードの強化版みたいなのが手に入るのだが、これが凶悪。

ゲーム中、ずっと1箇所を通行止めにしたり、1人のプレイヤー10マス近く戻したりとひどいカードが多い。そして、効果の強さにも差が結構あるのでここでも運ゲー感はある。

見た目やシンプルなルールはいいもののゲーム性はかなり微妙だと感じたので、ゲーム的には、この評価とした。

なので、ゲーマー同士でやるゲームではないかな。逆に、雰囲気重視でゲームをやりたい人やボードゲーム慣れしていない人には楽しめるゲームだとは思う。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Hiroshi Kawamura
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 5興味あり
  • 8経験あり
  • 1お気に入り
  • 11持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見3
作品データ
タイトルオープンロード
原題・英題表記The Open Road
参加人数2人~6人(25分~60分)
対象年齢13歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワークサスキア・ラシンク(Saskia Rasink)
関連企業/団体オープンロードゲーム(Open Road Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク