マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 5分前後
  • 10歳~
  • 2006年~

オン ザ ドットすずせりさんのレビュー

96
名に参考にされています
2019年01月06日 20時09分

身も蓋もなく一言で説明するなら「コンポーネント違いのナインタイル」。手持ちのカードを組み合わせて、お題と同じ柄をいち早く作るルールは全く同じ。
ゲームの流れやインストの単純さ、複数セット揃えることで遊べる人数が増える点なども非常に似ています。

大きな違いは、ナインタイルが模様を「並べる」のに対し、このゲームでは透明なカードを「重ねる」ことによって、お題の柄を作ることを目指す点。
4枚のカードにはそれぞれ色の異なる4つのドット(点)が描かれていますが、ドットの位置関係は4枚とも同じ。
そのため、重ね方によってはドット同士が重なり合って、下に置かれたカードのドットが消えてしまいます。
これによって、同じカードを同じ向きで並べても、重ねる順番によっては出来上がる柄が全く異なるものになります。
従って、このゲームでは特定の柄を作るときに、カードの向きに加えて「カードの裏表」「重ねる順番」を考慮する必要があります。
お題の中には、とても4枚すべてを使うとは思えないほどドットの数が少ないものもあり、カードを1枚余らせた状態でお題が完成してしまって、残りをどう重ねるかで頭を悩ませる……なんてことも。

完成形が誰の目にも明らかでスピード勝負のナインタイルと比べると、こちらの方が正解にたどり着くまでに考えることが多く、パズル寄りの要素が強めです。
結果として難易度が少し高くなる分、お題が完成したときの達成感も大きくなります。ただしドツボにハマると、マジでどうやっても正解にたどり着かず頭を抱えます。

ルールが明快な上に1ラウンドが一瞬で終わるので、ボードゲーム慣れしていない人にも遊びやすく薦めやすいのではないでしょうか。
コンポーネントを広げるスペースがほとんど必要ないので、ボードゲーム目的の集まりでない場所でちょっと取り出すにもいいかもしれません。

4人までプレイ可能なBrainwright版と6人までプレイ可能なAsmodee版がありますが、amazon.comで販売しているBrainwright版のほうが手に入れやすいと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
すずせりさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 7興味あり
  • 32経験あり
  • 4お気に入り
  • 15持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルオン ザ ドット
原題・英題表記On the Dot
参加人数2人~4人(5分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2006年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク