マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 45分~60分
  • 12歳~
  • 2016年~

フンタ:カードゲームマサシさんのレビュー

177
名に参考にされています
2016年12月19日 17時50分

元々重ゲーだった「フンタ」をカードゲーム化してプレイ感を軽くしたものです。

プレイ感を軽くする過程でフンタにあったダーティさは若干薄れてしまったものの、別方向の面白さがあるので「これはこれ」という感じで楽しむのがよいかと思います。

ゲームの基本骨子は「ゲーム内通貨を溜め込み、もっとも私腹を肥やした者の勝利」であり、この点はフンタと変わりません。

ODAという形で取得した通貨カードを、大統領が好きな枚数・好きな数の山に分けそれぞれのプレイヤーに分配(予算案)していき、大統領の提示した予算案に対して、大統領含むすべてのプレイヤーが賛成か反対かを投票する。
投票は各自手持ちの各種カードで行うが、カードごとに票数が違うため、可否のカード枚数がイーブンであったとしても、結果が引き分けとは限りません。

この投票結果により、予算案が通過して現職大統領が任期続行するか、クーデターが勃発し大統領サイド対反大統領サイドの内戦となるかのどちらかになる。

この基本ルールの中で、各プレイヤーは自分以外のプレイヤーを味方につけるため、交渉や賄賂を駆使していくこととなり、そこにこのゲームの面白さがあると思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
マサシさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 36経験あり
  • 4お気に入り
  • 42持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力2
交渉・立ち回り4
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘2
アート・外見0
作品データ
タイトルフンタ:カードゲーム
原題・英題表記Junta: Las Cartas
参加人数3人~6人(45分~60分)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク