マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
クーポン
フンタ:カードゲーム
  • フンタ:カードゲーム当商品
  • 参考画像
  • 参考画像

「参考画像」は会員が当サイトのデータベースにアップロードした画像です。

  • 3~6人
  • 45~60分
  • 12歳~
  • 2016年~

フンタ:カードゲーム

残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
美しき島国「バナナ共和国」へ、よくぞのご帰還を!
  • ヨハネス・クレナー(Johannes Krenner)作
  • クリストフ・ライザー(Christoph Reiser)作
  • セバスチャン・レスル(Sebastian Resl)作

 世界中の他の場所はどんどん早く進んでいるという一方で、この地は古き秩序(と混沌)の残る最後のよりどころです。島の農民は相変わらず貧しく、無学で、抑圧された生活を送り、書類上の話以外の中流階級など存在しません。夜には時折銃声が響き、生き血をすするような暫定政権は国を掌握し、その面々――すなわちプレイヤー――は自分のポケットを金で膨らませる事以外には興味がありません。そして、いつものごとく、静かな夜にはコオロギの鳴き声が聞こえてくるのです……。

 このゲームでは、プレイヤーは「バナナ共和国」の名を冠した暫定政権の一員です。政府は毎ラウンド、海外援助という名の多額の小切手を一切口を挟まずに送ってくれる、全世界的超権力の支援を受けています。最も多くの金を自分のポケット、すなわち自分のスイス銀行口座に効率的に詰め込んだプレイヤーが、ゲームに勝利します。その一方で、あなたは他人に策略を仕掛け、票を買い、暗殺者を雇い、建物を吹き飛ばし――そして時に応じて、現在の大統領にクーデターを起こし、願わくば新たな大統領を目指しましょう。

 『フンタ:カードゲーム』はボードゲーム版『フンタ』の興奮をそのままに詰め込んだ、権力と陰謀と金と反乱がテーマのコンパクトなカードゲームです。

レビュー 3件

270
名が参考にしたレビュー
 by 白州

4/10

40年以上前に出たにもかかわらず、今もなおコアなファンが存在する「フンタ」のカードゲーム版。

「フンタ」はベストなプレイ人数が7人で、しかも重いテーマに長時間というかなりプレイにハードルが高いが、こちらはカードゲーム版なので、最大6人、1時間程度で終わる。

自分は「フンタ」は未プレイだが、それなりに有名で興味はあったので、お手軽なこっちをプレイ。

そして、噂には聞いていたが、まぁエグい。

1人が大統領となって、富を分配するのだが、普通に仲良く配っていては、全然得しないので、わざと誰かを蹴落とすプレイが頻発する。

その蹴落としたやつがクーデターを起こさないように、さらに別の人にお金をあげて味方をつけていくという人間のエグさが存分に見えるゲーム。

基本的にカタン方式でカードを2回出すので、大統領的には、左から1番目と2番目を仲間にしとけば、後出しなので、かなり対応も楽なのだが、それ以外のプレイヤーにはきつすぎる。

そして、カードの効果に強弱ありすぎ!結構がんばっても1枚で逆転とかザラ。

普通のゲーム感覚でやると、かなりやる気を持ってかれるので、個人的には合わなかった。

前作の「フンタ」が大好きな人たちでやるなら許容範囲なのだろうが、前作を知らないで興味本位のメンバーだけでプレイすると痛い目をみる可能性があると思うので、要注意。

システムはユニークで面白いが、バランスがめちゃくちゃなので、この評価としたが、テーマはキャッチーなので、こういうゲームも大丈夫なメンバーを集めさえすれば、アリなのかもしれない。

約2年前(2018年07月24日 11時31分)
続きを読む
閉じる
224
名が参考にしたレビュー
 by 稲妻老人

元々のフンタからクーデターを除いた政治ゲームになりました。

居場所を決める悩みもなく、スイス銀行にすんなり入金出来たり、

カードゲームにする為に随分とフンタの面白い部分を削ってしまいました。

そこが残念でなりません。

資金を稼ぐ方法が予算の配布だけなので、一人の大統領を長く就任させてはいけません。

なるべく大統領を自分でするようにしないと、差がついてしまった場合にそれを

逆転するのは至難の技です。

ギスギスした面白みはなく、今風のスマートなゲームとなっています。

最初にフンタをプレイする場合には、出来ればこれではなく元々のフンタをプレイして欲しいと

個人的には思っています。

※一応クーデターはあるのですが、単にカードの戦力を足して勝敗を決めるだけなので。

3年以上前(2017年06月07日 02時23分)
続きを読む
閉じる
220
名が参考にしたレビュー
 by マサシ

元々重ゲーだった「フンタ」をカードゲーム化してプレイ感を軽くしたものです。

プレイ感を軽くする過程でフンタにあったダーティさは若干薄れてしまったものの、別方向の面白さがあるので「これはこれ」という感じで楽しむのがよいかと思います。

ゲームの基本骨子は「ゲーム内通貨を溜め込み、もっとも私腹を肥やした者の勝利」であり、この点はフンタと変わりません。

ODAという形で取得した通貨カードを、大統領が好きな枚数・好きな数の山に分けそれぞれのプレイヤーに分配(予算案)していき、大統領の提示した予算案に対して、大統領含むすべてのプレイヤーが賛成か反対かを投票する。
投票は各自手持ちの各種カードで行うが、カードごとに票数が違うため、可否のカード枚数がイーブンであったとしても、結果が引き分けとは限りません。

この投票結果により、予算案が通過して現職大統領が任期続行するか、クーデターが勃発し大統領サイド対反大統領サイドの内戦となるかのどちらかになる。

この基本ルールの中で、各プレイヤーは自分以外のプレイヤーを味方につけるため、交渉や賄賂を駆使していくこととなり、そこにこのゲームの面白さがあると思います。

4年弱前(2016年12月19日 17時50分)
続きを読む
閉じる
  • ¥ 2,200(税込)日本語マニュアル付き
会員のマイボードゲーム情報
  • 20興味あり
  • 60経験あり
  • 5お気に入り
  • 68持ってる

チェックした商品