マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

鵞鳥のゲームJeu de l'oie / The Game of Goose

  • 鵞鳥のゲームの画像
  • 鵞鳥のゲームの画像
  • 鵞鳥のゲームの画像
  • 鵞鳥のゲームの画像

1587年に誕生したフランスの伝統ゲーム

ダイスを振りコースを進めていくレースゲームです。16世紀に生まれてからヨーロッパにおいて最も有名なボードゲームの1つで在り続けており、様々なバージョンにリメイクされているようです。
日本人には全く馴染みがありませんが、特定の商品名を指していないようです。

ダイス・盤・イベント・レースというシンプルなボードゲームを日本ではざっくり「すごろく」と纏めているように、広義な呼び方になっているのだと思われます。

過去、1750年頃にはイギリスで「Royall & most pleasant game of the goose」と呼ばれ、1850年頃にはアメリカで「The Jolly Game of Goose」というタイトルで発売されています。
最終的に1855年頃に「The Jolly Game of Goose」が「The Game of Goose」というタイトルで再販売されてから、世界的に「鵞鳥(ガチョウ)のゲーム」という呼び名が定着しているという説があります。

ちなみに、コースが渦巻状の楕円になっていて、ぴょこっと飛び出たコースの部分が鵞鳥の頭を彷彿させるため「鵞鳥のゲーム」と呼ばれるようになったようです。
現在も作られる商品の多くは、ガチョウをモチーフにしたボードのデザインとなっています。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 0経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル鵞鳥のゲーム
原題・英題表記Jeu de l'oie / The Game of Goose
参加人数2人~6人(20分前後)
対象年齢5歳から
発売時期1587年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン未登録
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

62名が参考
(2016年05月01日 21時01分)
サイコロ1個振って、出た目の数だけ進むというシンプルなすごろくゲーム。ただし、道中に描かれた絵によってワープしたり、誰かに追い越されるまでずっと休みになったりと、シンプルながら盛り上がれます。63マスからなるマップなのですが、ゴール直前にある”死”のマスに止まってしまうと、...
続きを読む(あきらさんの「鵞鳥のゲーム」のレビュー)
国王
あきら
あきら

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿