マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 2021年~

インサートマクベス大佐@ボドゲブロガーさんのレビュー

83名 が参考
1名 がナイス
約1ヶ月前

BGA発の未発売アブストラクトゲーム。相手のコマの間に挿入し自軍に寝返らそう!


【ざっくり解説】

 2人用アブストラクトゲーム(物理的な運のないゲーム)です。それぞれ紅白のコマを担当し、お互いのコマをルールにのっとって配置していく、五目並べ(同じ色の駒を5つ並べると勝利)です。

 この時にオリジナル要素が2つあります。1つは今置かれたコマの背景に描かれた直線の方向にしか、次のコマを置けないことです。これにより相手の次の手を制限できます。2つ目は相手のコマとコマの間に自コマを挿入すると、相手コマを自軍コマに変えることが可能なルールです。これにより形勢大逆転がありえるゲームです。


【長所】

 タイトルの通り挿入すれば、相手のコマを自軍コマに変えることができるダイナミックさです。なかなか思い切ったルールだと思います。うまく狙えれば一気に形勢逆転しえる強烈なシステムです。

 相手の次の手を制限するルールですが、該当する置き場が存在しない場合に自由に配置できます。うまく狙って自由配置を誘えると、前述の反転大逆転並みに嬉しい要素だと思います。


【短所】

 次の手を制限するルールが狭苦しいです。次の次ぐらいまでは余裕で考えておかないと、厳しいです。また、相手の手を制限するハメ状態を作ることも難しくないです。そうなってしまうと辛いです。

 手の制限ルールがかなり強烈で、上手い人同士がプレイすれば、もうゲームの序盤の段階でもう大勢決しているなんてこともあり得ますね。初期盤面はランダムなので必勝法の問題(※1)はないと思いたいです。


(※1):アブストラクトには必勝法(あるいは負けない方法)が存在する場合が少なくありません。『チェッカー』は引き分け、『どうぶつしょうぎ』は後手必勝など。解析されきってしまったゲームが一部存在します(Wikipedia参照)。


【個人的な感想】

 ボードゲームアリーナ発の完全新作が発表されたのはシンプルに凄いと思います。今後、こういうゲームがリリースされる可能性を考えるとボードゲームアリーナの躍進に期待したいです。作者も有名なブルーノ・カタラですので、彼のファンなら一度はプレイしてみる価値があるでしょう。

 ゲームそのものは本質的には手の制限の厳しいアブストラクトゲームといった感じです。初期盤面のランダムがあるので、名人がどう考えるかは僕わかりません。しかし、推測レベルでも飽きやすさの問題は結構ありえると思います。

 プレイ回数は2回。2手先ぐらいは普通に考えないといけないので、長考しがちです。相手にハメられると楽しくないどころか、少々不愉快になります。反転というダイナミックな楽しさを、手の制限というミニマムな要素が相殺してやや、マイナス気味といった印象を感じました。好きではないです。申し訳ない。


【余談:僕が抱えているアブストラクトゲームへのバイアスの話】

 筆者はアブストラクトゲームは切っています。わかりやすくいえば、選択と集中の結果、自分からは積極的に遊ばないことを選択しています(リスクマネージメントゲームが好きなので)。なのでアブストラクトが苦手な人というバイアスを多分に含んだ評価だということを念頭に上記評価を受け止めてもらえればと思います。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
みーたん
マクベス大佐@ボドゲブロガー
マクベス大佐@ボドゲブロガー
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 16経験あり
  • 0お気に入り
  • 0持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルインサート
原題・英題表記Insert
参加人数2人用(時間未登録)
対象年齢未登録
発売時期2021年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインブルーノ・カタラ(Bruno Cathala)
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

マクベス大佐@ボドゲブロガーさんの投稿

会員の新しい投稿