マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~5人
  • 20分前後
  • 9歳~
  • 2021年~

藪の中 新版cactusflowerさんのレビュー

422名
2名
0
3年弱前

友人と4人でプレイしました。

最初のうちは各々が不完全な情報から「犯人を当てる」ゲームとしてプレイして、当たり外れに一喜一憂していましたが、何度かプレイしていくうちに「いかに後続のプレイヤーをミスリードするか」「いかに外したときのリスクを回避するか」というプレイスタイルに変化していきました。

例えば、最初のプレイヤーが確認した容疑者が「7」と「X」だった場合、あえて「X」の方にチップを置くことで後続のプレイヤーを「X」にミスリードできる可能性があります(もちろん他の札の数字によっては誘導できない場合も多々あります)。これは終盤にしくじりチップがかさんできたプレイヤーが逆転を狙える戦略として特に有用です。

一方、このような先行プレイヤーの戦略を踏まえると、後続のプレイヤーはすでにチップが複数積まれている容疑者があった場合に、「その容疑者を確認したのは誰か」「どのような配置ならばミスリードが行われた可能性があるか」という入り組んだ推理が必要になってきます。その結果、リスクヘッジとして「犯人である可能性が低い容疑者」にベットすることも有効です。

ここに至って、このゲームは推理ゲームというより運と戦略とブラフが入り混じった麻雀のようなゲームだと気づきました。ミスリードがハマったときの快感や熟考した推理が外れた場合の悔しさなど、短いプレイ時間でも非常に密度のあるゲームだと感じました。

プレイ時間が短いため、気軽に何度もプレイできるのがとても良かったです。コンポーネントも可愛く手に馴染む仕上がりで、またプレイしたいと思いました。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
あねご
ももんが
藪の中 新版
藪の中 新版の通販
町一番の探偵を目指そう。 推理と心理戦のゲーム。
1~2営業日以内に発送
日本語ルール付き/日本語版
セール中
¥2,673(税込)
¥ 2,970(税込)
10%オフ(¥ 297
セール期限まであと約1ヶ月
皇帝
cactusflower
cactusflower
シェアする
  • 138興味あり
  • 486経験あり
  • 98お気に入り
  • 454持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

会員の新しい投稿