マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~10人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2020年~

ヒューズ&キューズ白州さんのレビュー

236名
1名
0
約2ヶ月前
レーティングが非公開に設定されたユーザー

6/10

なぜか、日本ではあんまり流通しない色を題材にしたボードゲームの1つ。

親は、ものすごい数の色の中から1つ指定して(厳密にはカード引いて、そこにある4色の中から1つ選ぶ)、ヒントを言って、子に当ててもらうことを目指す。

親のヒントは2回言うチャンスがあって、子も2回置くことができる。

言ってしまえば、ただそれだけのゲームなのだが、ものすごい数の色があるので、なかなか2回のヒントだけで当ててたり、当ててもらうのは難しい。

この無茶振り感を楽しむゲーム。

ヒントの出し方とか、お題の難しさのバランス(特に緑とか、他の色よりだいぶ多いので、かなり難しい)など、どちらかというと、真面目に遊ぶより、ディクシットとかと同じで、人の価値観のズレとかあたったときの高揚感を楽しむのが吉かな。

ゲーマーよりも、デザイナーとか女性とか、直感的な人たちにウケるゲームだと思う。

この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
びーている / btail
白州
白州
シェアする
  • 26興味あり
  • 105経験あり
  • 16お気に入り
  • 29持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

白州さんの投稿

会員の新しい投稿