マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2011年~

ヒップホップ82BGさんのレビュー

109
名に参考にされています
2018年04月13日 11時30分

☆8

よし7が出た!って、そこはカバが起きてるよ?!

カバカードを20枚程が円環に並べられています。プレイヤーは、フラミンゴ(?)をカバの背中に歩かせて起きているカバを追い越すことで点数を稼ぐことが出来ます。ただ。起きているカバの上で止まってはいけません。



まず初めにカバを表にして数字が見えるようにして、数字を全部憶えます。

↑無理です。個人的に「1・2・7・8」憶えておくことがオススメです。

 

一定時間経ったら裏返してカバの背中を円環に並べます。フラミンゴを適当な箇所に置いて準備完了です。手番のプレイヤーからカードを1枚選んで表向きにします。

表にするとカバが起きて数字が書いてあるので、その数字のぶんフラミンゴを時計回りに進めます。

そして、カバの背中で停まれば成功として。起きているカバを追い越した数だけ点数がもらえます。

ただ、もしも起きているカバに乗ってしまうとそのカードを手元に引き取ることになって、引き取った数字以下のカードは全て裏返して、引き取ったカードは終了時にマイナス2点になります。

 

このルールを踏まえて、先ほど覚えきれなかったプレイヤーがやりがちなのが鳥の一つ先を表にすることです。

確かに「1」以外なら、追い越して確実に1点がもらえる無難な技なのですが、「1」が出たら1つ進んで「1」のカードを引き取らないといけないのは一興です。

 

そしてこのゲームの面白いと思ったアイディアは、手番時に場のカードをめくらずに相手の引き取ったカードを捨て札にして、そのカードのぶん鳥を進めるということも出来ます。

 

相手のマイナス2点を帳消しにしてしまうのですが、点数を稼ぐ算段や相手を窮地に立たせる方法として有効的な手です。

 

起きているカバを10回ほど踏んだらゲームが終了して、集計して点数高いプレイヤーの勝利です。

 

結構好きです!最初ルールを知った時は、自分の苦手な完全に記憶ゲームと思いきや遊んでいて、自分の記憶力でも思ったより戦略を立てることが出来て楽しかったです。相手を陥れるために何歩進んでおくとか、相手のカードを使って安全策とか、ふわふわした記憶でも充分楽しめてミスをする一興も良かったです。しかも、何気に2人プレーも悪くないです。

 

自分の中では隠れた名作だと思います。

 

遊評☆8

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
82BGさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 6経験あり
  • 1お気に入り
  • 5持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルヒップホップ
原題・英題表記Hippo Hopp
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

82BGさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク