• 2人~10人
  • 60分前後
  • 8歳~
  • 2012年~

フォーミュラ DBluebearさんのレビュー

178
名に参考にされています
2017年12月06日 14時49分

評判は耳にしていたものの、なかなか実物を入手する機会がなく、あきらめかけていた時に、偶然秋葉原で発見。

即ゲットしました。

ちなみにフランス製なので「フォーミュラディー」ではなく「フォーミュラデ」だそうです。

早速、仲間をあつめて実施することに。

説明時のメンバーの印象は、 あまりにスゴロク的だし、進化した今時のテレビゲームのレーシング系と比べて地味だし、まあ、試しにやってもいいか、的な反応でした。

しかし、 その予想は小一時間後、大きく変わりました!

たちまち相次ぐリアルなデッドヒートに部屋は白熱し、抜いたガッツポーズと、抜かれた呻き&絶叫に満ちたのです。

本当のシフトレバーを模したギア表示のギミックと、ギアによってダイスが変わり、シフトアップするごとに、4面体→6面体→8面体→12面体→…というようにどんどん目が大きくなり仕掛けが単純なのに素晴らしい!

(アイデア自体はすごくシンプル!でも誰も思い付かなかった!)

振るダイスの目によって進めるスピードが異なるが、カーブではしっかりスピードを落とさないと曲がれないルールなので、ちゃんと考えてシフト運用しないと、あっという間に抜かされる!(しかもギアとダイスが色別で誰にも解りやすい。これ大事です。)

シフトを操作し、カーブでのブレーキのタイミングを計り、他車との位置関係を読み、かなり本格的なレースが楽しめますよ!

接触判定やスリップストリーミングのルールもちゃんとある念の入れようもgood。

大人数(何と10人!)でも対応できるし、それほど時間もかからないです。

ボードはモナコサーキットをリアルに再現。

車コマもリアルで上空からレース中継を見ている雰囲気ですね。(ボード裏面はGTカーでのストリートレースで、またちょっと雰囲気が違う仕様)

難点は、価格が高いことと、

やたら箱がデカイ事、

やたらボードが広い事と、

車コマが小さくてサイコロでよく吹っ飛ぶ事ですね(笑)。


〔追記〕最近また仲間うちを集めてプレイしたのですが、なんと若手の何人かは、このシフトレバーを模したギアチェンジボックスに感動しないのです!

理由をよく聞いたら、オートマしか運転した事がないと!

ああ、私らがまた一つ時代遅れになったんだなぁと、変なところで感慨にふけった夜でした。

〔追記2〕

追加のコースがたくさん発売されてますが、どれもけっこう高い!

お金に余裕がある人は購入すると、いろんなバリエーションが楽しめます。

お金に余裕がない人は、BGGのファイルに、ファンが作った出来の良いコースデータがアップされてます!印刷してつなげるの大変だけどσ(^_^;)


※以前Amazonレビューに投稿したものを筆者自身が加筆しました。

Bluebearさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 19興味あり
  • 52経験あり
  • 13お気に入り
  • 48持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルフォーミュラ D
原題・英題表記Formula D
参加人数2人~10人(60分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

フォーミュラ Dのレビュー

  • 135
    名に参考にされています
    2017年01月19日 23時38分

    カーレースの世界を上手く再現した良作だと思います。ギアチェンジをダイスの種類で再現していて、シフトアップするごとにダイスの面数を増やすだけでなく、出目の最小値も1ではない特殊ダイスにすることでシフトアップによる加速を再現したり、カーブで一定の回数ダイスを振ることで、カーブの減速侵入を再現したりと、先を見据えたスピードコントロールが必要になったりして。細かなオプションルールを採用することで、ダメージをタイヤとかギヤとか別々に割り当てることで、シビアなコントロールを必要にさせたり、天候の概念を取り入れ、レース時のタイヤ選択をしたりと、レースのショミィレーションゲームとしても楽しめますし。チー...

    鬼島彪さんのレビューを読む
  • 108
    名に参考にされています
    2016年09月26日 18時55分

    見たまま、タイトルのままのF1風レースゲームです。勝敗とシステムはいたってシンプル。自分のマシンを選んで順番に配置し、各自の手番でダイスを振ってマシンを進め、一番早くゴールした人の勝ちというもの。

    一見するとこれでもかと言うくらいのダイスゲームなのですが、コーナリングのルールやダイスのデザインに工夫がなされており、実際はそこまで大味な印象もありません。
    特にダイスの出目がよく調整されており、例えば10面ダイスだからと言って1~10の目があるわけではないため、「勇気を出してギアを6速まで上げた結果1しか進まなかった」みたいなダイスも勝負も投げたくなるような展開にはならないところがと...

    大石さんのレビューを読む

Bluebearさんの投稿

会員の新しい投稿