マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2016年~

フラムルージュfullkawaさんの戦略やコツ

169
名に参考にされています
2017年05月03日 10時01分

このゲームを2回、条件を変えて遊んでみて思ったのは、「プレイ人数が多いほど、自転車ロードレースを知らないプレイヤーが多いほど“逃げ”が有利?」でした。

なので、まずは“逃げ”について自分の意見を書いてみます。


“逃げ”とは言葉の通り、一人または少人数で先行し、そのまま逃げ切り勝ちを目指す戦法です。


コースにはレーンが2つしかありませんので、三人以上のグループでは前が壁になって進めない状況が発生します。つまり、このゲームでは三人以上を“集団”と定義し、“逃げ”とは別に考えた方が良さそうです。

先に「少人数で」と書きましたが、一人または二人で逃げる場合だけ考えていきましょう。

また、コースは登りがまったくないエントリーコース(?)を前提とします。


大原則として、逃げ切り勝ちを狙うべきコマは『ルーラー』です。

なぜなら単純に移動力の合計が違います。

『ルーラー』のデッキ構成は3,4,5,6,7がそれぞれ3枚ずつで、合計75。

一方『スプリンター』の方は2,3,4,5,9がそれぞれ3枚ずつで、合計69です。


次にスタート位置ですが、できれば1列目、少なくとも2列目には『ルーラー』を配置したいですね。

『スプリンター』を『ルーラー』と同列、または1列前に置けるなら『スプリンター』を発射台として使うこともできます。実際のレースではそういうシーンはあまりありませんがw


“逃げ”でがんばるべきは最初最後です。

初手から一番大きい数字を切っていっても大丈夫。一人逃げでもゴールまでギリギリ持ちます。逆に位置が集団の2列目、3列目…と下がっていってしまっては、大きい数を出しても逃げれなくなってしまいます。


うまく別プレイヤーの『ルーラー』と抜け出すことができれば成功です。

先頭交代をして、自分だけが疲労カードを受け取らないよう立ち回りたいですね。自分が前、相手が後にいる状態なら4を出せば置いて行かれることはありません。ゴール前の駆け引きをにらんでうまく小さいカードを処分していきましょう。


もし一人で抜け出してしまった場合は誰かが追いついてくるのを待つというのもありでしょう。

先にも書いた通り一人逃げは可能ですが、二人の方が逃げ切りやすいはずです。

誰も追いついてこない場合は腹をくくって引いたカードの中から大きい順に出していくだけです。


基本的な立ち回りは『スプリンター』で勝ちを狙うよりも分かりやすい印象です。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
fullkawaさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 47興味あり
  • 136経験あり
  • 39お気に入り
  • 65持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力7
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトルフラムルージュ
原題・英題表記FLAMME ROUGE
参加人数2人~4人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿