マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 45分~60分
  • 14歳~
  • 2017年~

エスノスボードゲームカフェプラス@梅田さんの戦略やコツ

230名 が参考
0名 がナイス
約1年前

このゲームは、勝利点を最も稼いだプレイヤーが勝利します。


このゲームの勝利点の稼ぎ方は、大きく分けると3種類あります。


①エリアのマジョリティ(最大数)を取ると、獲得する点数


エリアを確保することは、このゲームの1番の目的であり、これが1番大きい点数です。


相手と取り合うため、一方的に取られるとまず勝てません。


②部隊の点数で稼ぐ


部隊を大きく出すと点数を稼げます。このゲームでは、2番目に大きい点数の稼ぎ方ですが、大きい部隊を出すことは、エリアの確保と反するため(トレードオフの関係)、副産物として狙いましょう。


③部族による特殊な勝利点


ジャイアント、マーフォーク、オークは、点数を生み出します。

点数としては、ジャイアントたマーフォークは取り合いとなります。


点数の大きさでは、ジャイアントに関しては、1つのエリアに相当する点数の大きさがあります。


以上が点数の取り方となります。


優先順位は、①>②になります。

③は別なので、また書きます。


では、エリアのマジョリティを取る方法を書いていきます。


■手札にカードをためない


基本的には、手札にあるカードは、マーカーを置ける場合は、どんどん出していきましょう。


マーカーが置けない場合は、捨て札からカードを回収できる場合は、捨て札からカードを選びましょう。


捨て札から選べない場合、はじめて山札の上から引きましょう。


そして、出せるようになればすぐに出しましょう。


基本は、これを繰り返していくことで安定します。


このゲームでは、余った手札は捨て札になり、他のプレイヤーを支援してしまうだけでなく、自分のターン数も無駄にしてしまうため、小規模なリスクを常に減らしていきましょう。


これが基本ですが、部族ごとに優先度が変わるため、下に全ての部族についての考察を書きます。


書く順番は、盤面への影響度が高い部族から書きます。


■このゲームを支配する3強部族


トロール、ジャイアント、マーフォーク



■ゲームの速度を変える2部属


ウィザード、エルフ



■ゲーム性を変える1部属


スケルトン



■エリアの攻防に影響を与える4部属


ミノタウロス、フェアリー、ケンタウロス、ウイングホーク



■自らの勝利点を上げる3部属


ドワーフ、オーク、ハーフリング


○1番の強キャラクターは、トロールだと考えています。次点でジャイアントです。


個別解説を書いていきます。



■トロール


トロールトークンは、エリアのマジョリティが同数の時に、優先的に勝利点をもらう権利を得ます。

このゲームは、エリアの確保している数が同数になることがかなり多いため、トロールトークンの最大値を持っているだけで、ほとんど全てのエリアを確保していることになります。


トロールがある場では、最終ラウンドでは、無理をしてドローしてでも、トロールを手札にたくさん集めたいです。


「6トロール!!」


トロールを6枚出した出した時は、ほぼ勝利を意味します。トロールのトークンは、合計値であるため、細々したものも集めましょう。


スケルトンがある場合は、積極的にトロールの部隊に付けることを狙いましょう。


エルフがある時は、エルフの手札を残す能力を利用して、トロールを出す準備をしましょう。


とにかく、最後の時代は、トロールを出すことを目標にしていきましょう。


■ジャイアント


ジャイアントは、ジャイアントボードの奪い合いと、1番大きいジャイアントの部隊を出した時に即時に2点を貰えます。


捨て札にジャイアントがある場合は、少しずつ手札に加えて加点を狙いましょう。


また、最後の時代は、ジャイアントボードからの点数が5(6)点+ジャイアントボードの獲得点数の2点が入ってくるため、1つのエリアと同じぐらい重要になります。


5部隊以上のジャイアントを狙えるタイミングが来た場合は、リスクを承知で引きましょう。


スケルトン、エルフを使い、大きいジャイアントの部隊を集めましょう。


■マーフォーク


マーフォークを編成すると、専用のマーフォークボードの上の駒が進みます。

マーフォークボードからの加点があるため、そちらも重要になります。

1番重要なのは、ボード上のマーカーのマークの部分に来た時点で、マーカーをエリアの好きなところに置けることです。

エリアの攻防において、マーカーをどこにでも置けることは、とてつもなく強力です。


マーフォークは、積極的に出していきましょう。編成する機会としては、ジャイアントよりも多いため、重要度は同じぐらいあると考えられます。


■ウィザード

編成したウィザードの大きさXの枚数、山札からカードを引きます。

この強さは、手数の圧縮です。

4の大きさで出すと、4枚ドローできます。

これは、4ターン分の価値があり、ウィザードを編成すればするほど、使用しているカードが多くなります。

エリアの確保数も多くなりますし、複数の部隊を出せるため、部隊点も多くなります。


ウィザードがある場合は、基本的にウィザードをメインに出すことを考えつつ、トロール、ジャイアント、マーフォークを上手いこと出していきましょう。


■エルフ

エルフを編成した時、編成した大きさXまでの手札を捨て札にしなくて良い部族です。

このカードがあると、山札からドローすることのリスクが緩和されます。

そのため、手札を10枚貯める機会が多くなります。

また、トロール、ジャイアントの大きい部隊を出すために、手札の保存を行うことも出来ます。


捨て札にする枚数が減るだけなので、ウィザードのような凶悪な性能ではありませんが、トロール、ジャイアントとの相性の良さから、強いカードとなっております。


■スケルトン

唯一のジョーカーカードです。

このカードがあれば、トロール、ジャイアント、マーフォークの大きい部隊が狙いやすくなります。

また、ウィザードのドロー枚数も増やしやすいため、とてつもなく便利です。


この部族がある場合は、トロールは、6部隊出さないと、安定しないでしょう。


■ ミノタウロス

エリア確保の鬼です。

マーカーを置くときに、部隊の必要枚数が1枚少なくて良いということは、このゲームではとてつもなく強い能力です。


エリア確保するためには、ミノタウロスを中心にして、素早く置いていきましょう。


■フェアリー

プロモーションカードなため、「エスノス フェアリー」のレビューに書いています。


エスノスで遊んでいる方は、購入をオススメします。


■ケンタウロス

ボード上にマーカーを置いた時、さらに手札から別の部隊を編成出来ます。

この部族がいる場合、エルフと同様でドローが安定します。

また、連続でエリア確保できるため、手数の圧縮にも繋がります。


■ウイングホーク

どこにでも、マーカーを置ける部族です。

積極的に狙うカードではないでしょう。

ラウンドの中盤以降で、確保しておきたいエリアをピンポイントで取りにいけることが、最大のメリットです。


■ドワーフ

部隊点の確保に使えます。

手札に集まってきたら、狙いましょう。

このゲームは、部隊が1大きくなる毎に、階差数列で部隊点が大きくなっていきます。

そのため、狙うのであれば、4部隊か5部隊で出したいところです。


■オーク

オークボードを埋めることが出来ます。

この部族は、1の大きさで出しても、ボードを埋めることが出来るので、ゲーム序盤はエリア確保と同時にオークボードも狙いましょう。


2時代目以降は、オークボードを埋めにくいため、積極的に狙う必要はないでしょう。


■ハーフリング

エリアにマーカーを置けないため、使いにくいです。

他のプレイヤーがこのカードを捨て札にしている時に、1人で6枚を集めてしまいましょう。

そうすることで、15点の確保ができます。



■さいごに

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。以上になります。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
仙人
ボードゲームカフェプラス@梅田
ボードゲームカフェプラス@梅田
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 145興味あり
  • 505経験あり
  • 135お気に入り
  • 307持ってる
プレイ感の評価
運・確率12
戦略・判断力15
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見11
作品データ
タイトルエスノス
原題・英題表記Ethnos
参加人数2人~6人(45分~60分)
対象年齢14歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

ボードゲームカフェプラス@梅田さんの投稿

会員の新しい投稿