マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~7人
  • 30分~60分
  • 8歳~
  • 2015年~

ドラゴンの宝石Kaichiさんのレビュー

124
名に参考にされています
2016年11月18日 09時06分

正体隠匿型スゴロク。

といっても単純なスゴロクではない。


各プレイヤーは7色のコマの内、3色を担当する。担当したコマの色は非公開。

追いかけてくるドラゴンに捕まらないように、より早く(遠くに)逃げたコマ が高い得点を獲得する。

サイコロを振って出た目の分だけ、コマを動かすのだが、どのコマをどう動かしたかを見て、相手の担当色を推理していく。どの色のコマでも動かせるので、相手の担当のコマを動かして罠にかけて邪魔したり、自分の担当コマがバレないようにブラフをかけたりできる。


 コマを動かす時に既にコマがいるマスは数えないルールがあるので、後ろのコマが一気に進むことがあり、割とドラスティックに順位が変動するのが面白い。

また、早い者勝ちで獲得出来る宝石(1勝利点)が置かれているマスがあり、コマをそこに動かす理由付け(言い換えると相手の色を推理する際のノイズ)となっており、上手く正体隠匿システムとマッチしている。

ボードは両面 あり、表裏の順に 両方プレイする。裏面はマップに特殊マスが多く、且つ表面で相手の色がある程度見えた状態でプレイするため、表面時とは違った戦略的な 内容となるのが楽しい。むしろ 表面は裏面を楽しむためのセットアップと言ってもいいくらい。


基本はスゴロクなのでダイスの目に左右されるため、ガチになりすぎずワーキャー しながら遊べる点は、個人的には高評価。


コンポーネントは内容の割に豪華で、リアルなドラゴンフィギュアや、多色の宝石トークンが入ってます。

ただし、ボードが大きく二つ折りなので、箱が大きく持ち運びは困難 。


ルールも簡単なので、小学校低学年でも無理なく遊べます。また不自然なく手加減する事も出きるので、自分も楽しみながら子供や初心者を沼に引きずり込む1本としてもオススメです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Kaichiさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 11興味あり
  • 45経験あり
  • 7お気に入り
  • 24持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルドラゴンの宝石
原題・英題表記Drachenhort
参加人数2人~7人(30分~60分)
対象年齢8歳から
発売時期2015年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインライナー・クニツィア(Reiner Knizia)
アートワーク未登録
関連企業/団体未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク