マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~60分
  • 12歳~
  • 2016年~

ブルゴーニュ:カードゲーム18toyaさんのルール/インスト

92名 が参考
4名 がナイス
26日前

<3つの「引っかかりポイント」重点説明!>

名作「ブルゴーニュの城」をカードゲームに落とし込み,軽中量級に仕上げた本作。

個人的には,本作はサンファン2と同じくらい「プレイ時間はボチボチかかるけど小箱の割に『しっかりゲームを遊んだ感』を味わえる良作」と思っているので,色んな方に遊んでもらえたらなぁ,と思います。

ただ,私自身も初めて説明書を読んだ時や遊んだ時に引っかかりを感じた点はあり,そこに少し敷居の高さを感じました。


そのため,他の方も同じようなところで引っかかりを感じるのであれば,少し深掘りする事で解消できるのでは?と思い,ポイントを絞って説明したいと思いました。

本稿で説明した以外の詳細なルールについては,他の方が既に書いてくださっているのでそちらをお読みください^ ^


それでは,本作をプレイする上で引っかかりがちな3つのポイントについて説明したいと思います。


①アクションカードについて

このゲームの主役である7種類の「アクションカード」。ルールを読むと,共通の置き場(ディスプレイ)にも置かれるし,手札としても持つ事になってます。

でも,説明書に,手札として持つ時は「自分のアクションカードの山の上から2枚引き,カードのダイスの部分だけを見ます(山から引いたアクションカードのそれ以外のすべての情報は無視します)」と書いてある。

なぜ?どうして?無視?どういう事?私も最初は良く分かりませんでした。


実は原作を知ればあっさり分かる話でした。

もともと原作のブルゴーニュではプレイヤーが行動をする際に必ずダイスの目に従って行動する必要がありました。例えば4のダイスを使って4の場所に置かれているタイルを取ったり,既に取ってあるタイルを4のダイスを使って地図上の4の場所に置いたり,という具合です。

本作では,原作のダイスの代わりとして手元のカードを使うので,カード上部のダイス目だけ見てくださいね!…という意味だったのです。

ダイスの代わりなので一番上のダイス目部分だけ参照する。


つまり,下の写真のように6個サイコロを持ってゲームが始まり,最初に2個サイコロを振ってどちらかの目を使う,という事と全く同じ意味です。手札のカードはまるっきりダイス代わりとしてとして使う,いわば「カードダイス」とも言えるものです。


従って,もし「ダイスを6個持たせたいだけの事をカードでさせるからややこしくなる!」と感じる方は手札をやめ,代わりにプレイヤーごとにダイスを6個用意して使ってもいいくらいだと思います。微妙にゲームバランスは変わるかもしれませんが問題ない範囲でしょう。


一方,ディスプレイ側のカードは原作で言うタイルの代わりとして使われているものでこちらはいわば「カードタイル」です。

原作ではダイスに沿って,その目の場所にあるタイルを一旦手元に獲得し,次にもう一度ダイスを使って自分の地図上に置き,点数を取るゲームでした。

本作でも,「カードダイス」の目に沿って「カードタイル」を一旦獲得して計画に置き,もう一度「カードタイルが指定するダイス目」に合った「カードダイス」を使用する事でカードタイルを計画から資産に移し,点数を取る準備をしていく流れです。カードタイルの側はダイス目も含めて全ての情報を参照します。


原作ではダイスとタイルは見た目も役割も全く違うものだったのですが,小箱カードゲーム化に伴い,タイルもダイスも同じカードを使う仕組みにしたため,この部分は原作より少し分かりづらくなったのかもしれません。


②計画?資産?倉庫?

先ほどの①にも繋がる話なのですが,カードを置く場所が3つもあって,ここもちょっと分かりづらい部分かと思います。


「計画」は自分の土地をこういう風に発展させようというアイデア段階のもので,まだ実現されていない。しかし全てのアクションカードはいきなり実行!とはならない。最初はまず計画に置いてあげる必要があります。

ちなみに,計画に置いただけではカード効果はまだ発動しません。


次に計画に置かれたカードを実行に移します。これが,アクションカードを「資産」に移動させる行為。これによって初めて自領が発展します。この実行に必要な条件は「カードタイルの上に記載されているダイス目」と同じ「カードダイス」を消費する事です。これでようやくカードタイルを計画から資産に置けるのです。

カード効果は資産に置いた時に,初めて発動します。


例。このカードタイルを計画から資産に移したいので
カードタイルの指定するダイス目の手札を出す必要があります。
この場合は3のカードダイスを出さないとなりません。
幸いにも手札には指定通りの3があったので、これを使います。計画に移したいカードタイルの必要な目とピッタリ一致しているので……
カードを計画から資産に移すことができました。その後,このカード効果を解決します。また,資産に同じ種類のカードを3枚置けたので,最後の得点計算では4点をゲットできます。


なお,計画に置けるカードは3枚までです。あまり同時並行で計画を抱えすぎると現場が混乱するからでしょう(^^;

ですが,資産に移してしまえば上限枚数はありません。既に実行に移された結果を明確にしているだけなので,たくさんあっても今の負担にはならない,という事なのでしょう。


最後に倉庫ですが,ここは自領を発展させる色々な計画等を置く場所では無く,これらの計画を構想したり実現するためのリソース,資源の置き場です。このゲームで資源とは,お金,労働者(ダイスの目を±1できる),商品,動物です。

この中で特に商品についてですが,商品は在庫として入荷しただけであり,まだ売却されていないため,この状態のままでは勝利点やお金にはなりません。商品を点数やお金にするためには取引を行う必要があります。これもカードダイスを使用したアクションで取引します。これによって商品は初めて取引実績となり,資産に移されてお金と勝利点に変換されるのです。

一方,動物は特に取引をしなくても,倉庫に置きっぱなしで勝利点になります。自分の領地で捌いてるという事なのかもしれませんね(^^;


③銀の使用

原作同様,本作でも銀を使ってカードを1枚手に入れる事ができます。ただし,この部分は原作より優遇されています。

原作では「2銀払って,ディスプレイされた市場にある任意のタイルを購入」でした。見えているタイルを1枚計画に持ってくる事ができる。このアクション自体は強いのですが,市場に魅力的なタイルが無くなれば購買欲は途端に低下しますし,他のプレイヤーがガンガン購入して市場のタイルが尽きてしまった場合,いくらお金を持っていても買えるタイル自体が無い,という事態もありました。

しかし本作においては,山札から3枚取り,そのうちの1枚を入手できるため尽きるという事は無く,いつでも購入できます。

また,原作ではタイルの購入だったのに対し,本作では購入したカードを「カードタイル」として使う事も「カードダイス」として使う事もできます。つまり,計画に置くためのカードとして使う事も出来れば,計画に既に置かれているカードを資産に移したり,共通ディスプレイから計画に持ってくるためにアクションをするためのダイスとしても使う事ができるのです。これが非常に使い勝手が良い。

3銀を使って山札から3枚引きます。この中から1枚を選び,カードタイルとして計画に置く事もできますし,「4」や「6」のダイス目として使うことも出来ます。便利!


先ほど①ではカードをダイスとして使う事で分かりづらくなるデメリットをお話しましたが,買い物においてはメリットとなっています。

なお,銀を使えるタイミングは「手番に1回」である点は注意が必要です。「ラウンドごとに1回」ではありません。銀さえ足りれば,同一ラウンド内の6回回ってくる手番ごとに買い物をする事だって出来るのです。


以上です。

自分の経験上,①が特に分かりづらいと感じる部分かなと思います。伝わりやすい説明を出来たか自信は無いのですが,もしこの説明でルールの意味が腑に落ちて本作を楽しめる方が少しでもいらっしゃれば幸いです。

なお,上記説明をゲームの流れを追いながら確認できるよう,後日本作ソロプレイを投稿しようと考えています。ご興味のある方はそちらも是非ご覧いただければと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。皆様,良きボドゲライフをお過ごしください^^


この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
らいむ
凸凹ママ
しのじゅんぴょん
チョロ
仙人
18toya
18toya
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 85興味あり
  • 170経験あり
  • 24お気に入り
  • 158持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力11
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見5
作品データ
タイトルブルゴーニュ:カードゲーム
原題・英題表記Die Burgen von Burgund Das Kartenspiel / The Castles of Burgundy
参加人数1人~4人(30分~60分)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

18toyaさんの投稿

会員の新しい投稿