マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

クレバー・ホフ・ドライClever hoch Drei

2018年エキスパート賞ノミネート作品の「ガンシュンクレバー」シリーズの最新作です。

「ガンシュンクレバー」や次作「ドッペルソウクレバー」との違いは、サイコロの目を変えることができるシステムが入ったところです。(当然、いつもの書き込み部分も全て違います)

これまでは、振り直したり、追加で加えたり、1度使ってもまた戻せたりなどがありましたが、サイコロの目を変えることはできなかったので、かなり幅広い選択肢の中から高得点を目指すゲームになっています。

レビュー&解説動画も撮影しましたので、参考にどうぞ。

最後に簡潔にさっくりとルールをまとめておきます。

基本ルールは、ガンシェンクレバーやドッペルソウクレバーと同じです。

サイコロの目を変えるシステムが新しく導入されています。

サイコロボーナスは、とればとるほど大きい数字を選べるようになり、最終的にはどれでも選べるようになります。

黄色と緑は各横列に✕が多くつくほど得点になります(最大6つの✕)。
青と茶色は✕をつけた数が得点です。
ピンクのみ、記入した数の合計が得点になります。

黄色はサイコロを何番目に選ぶかで✕を書ける場所が変わります(ex:1個目なら一番上の列)
黒い部分は相手のサイコロを選んだときです。✕ではさむことでボーナスもあります。

緑は一番ややこしいのですが、選んだときに、すでに同じ目のサイコロがあれば、複数記入することができます(言葉だとわかりづらい部分なので、解説動画(↑)を見るとわかりやすいかと思います)
各縦列・横列で濃い緑の部分を全て埋めるとボーナスが入ります。

青は白ダイスとの合計で7の+1(8)か−1(6)であれば、記入でき、その後、連番で記入できます。
唯一、7のときだけリセットで連番無視で書けます。端の方まで書くと得点ボーナスが入ります。

茶はシンプルに目と同じマスを✕できます。ただし、一度つけた✕より左の✕には書けなくなります。
連続で記入してボーナスをもらえます。

ピンクは記入した数字の半分切り上げが得点になります。(5を記入したら3点)
マスによってボーナスや得点の倍率が変わります。

網羅できていない部分もあるかと思いますが、このシリーズに慣れている人ならすぐなれると思います。

そうでない人はガンシェンクレバーから始めたほうが、丁寧な説明もあるのでいいです。

繰り返しますが、サイコロの目を選ぶことができる選択肢の広さがとてもリプレイ性が高いので、一番好きです。

自分の最高点は390超えあたりですが、もしかしたら400点いけるのかもしれませんね。


また、今作も前作2つと同様にハイクオリティで無料プレイできますので、興味ある方はどうぞ。

クレバーホフドライ(クレバーキューブ)無料プレイサイト

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:totoのボードゲーム専門チャンネル
マイボードゲーム登録者
  • 11興味あり
  • 8経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルクレバー・ホフ・ドライ
原題・英題表記Clever hoch Drei
参加人数1人~4人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインヴォルフガング・ヴァルシュ(Wolfgang Warsch)
アートワーク未登録
関連企業/団体シュミット・シュピーレ(Schmidt Spiele)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 152
    名に参考にされています
    投稿日:2020年10月30日 00時08分

    2018年エキスパート賞ノミネート作品の「ガンシュンクレバー」シリーズの最新作です。「ガンシュンクレバー」や次作「ドッペルソウクレバー」との違いは、サイコロの目を変えることができるシステムが入ったところです。(当然、いつもの書き込み部分も全て違います)これまでは、振り直したり、追加で加えたり、1度使ってもまた戻せたりなどがありましたが、サイコロの目を変えることはできなかったので、かなり幅広い選択肢の中から高得点を目指すゲームになっています。レビュー&解説動画も撮影しましたので、参考にどうぞ。最後に簡潔にさっくりとルールをまとめておきます。基本ルールは、ガンシェンクレバーやドッペルソウクレ...

    totoのボードゲーム専門チャンネルさんの「クレバー・ホフ・ドライ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿