マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~45分
  • 8歳~
  • 2018年~
303
名に参考にされています
2018年08月09日 22時59分

☆8

船を走らせ変換と錬成の連続

 

6角形の島タイルが場に密集した海に自分の船を走らせて、島に交易所をつくっては手持ちのスパイスを変換してより多くより質の良いスパイスを作っては港で大量得点に変換させていくゲームです。

 

実際に盤面を見てみないことにはルールが伝えづらいゲームですので、特徴だけ紹介します。あと、1作目のセンチュリー:スパイスロードを踏まえた紹介します。

・スパイスロードと違ってカードがなくて、タイルと資源コマ(スパイス)と自分の船と交易所の駒だけで簡潔しています。

・スパイスの変換方法はタイルに書いてあって、それらを行うには船でそのタイルまで行って交易所を建てる必要があります。

・スパイスは支払う箇所の要素が増えました。港にある大量得点のためにスパイスを揃えて支払うのは勿論。船をより遠いところに動かすのにスパイスを支払う必要があり、交易所が既にある島に交易所を建てる場合もスパイスを支払う必要があり。相手の船があるとこで変換する場合もスパイスを支払います。

・交易所にも得点要素があります。各島には属性のようなものがあり、自分の交易所をその属性に特化して建てることで大量得点がもらえます。ですが、4属性の島を建てたことによるボーナスもあって、自分の船の何かを強化することもできます。

・センチュリー:スパイスロードと合体して遊ぶことができるそうな。(未プレー)

 

そんな感じです。

 

 

遊んでみた感想としては、スパイスロードよりエキスパートよりになってより自分好みになりした。

運要素が港のお題のスパイスをクリアして、新しいお題がめくれてくる部分がしかありません。盤面にある変換方法だけで、いかにして交易所を建てて立ち回っていくか考えるのが非常に楽しいです。それでいて、ゲーム中に別の戦略や得点を稼ぐ方法を発見すると気持ちがいいです。

だけど、スパイスロードより現状の1位と最下位の差がわかりやすくて逆転要素は一見ないと思います。なんとなくのプレーで勝つのが難しくなった気がします

 

にしても、スパイスの変換や支払う要素や得点源の取り方は、まさしくセンチュリーなのに、スパイスロードとの違いと「面白い」の引き出し方の違いに感動しました。

 

遊評:☆8

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • 軍師っ!
  • NekoMadam
82BGさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 87興味あり
  • 230経験あり
  • 55お気に入り
  • 168持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルセンチュリー:イースタンワンダーズ
原題・英題表記Century: Eastern Wonders
参加人数2人~4人(30分~45分)
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

82BGさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク