マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 30分~45分
  • 10歳~
  • 2020年~

キャットインザボックスmaroさんのレビュー

185名 が参考
2名 がナイス
8日前

ビッド、パズル、推論、エリアマジョリティなどの要素を持つトリックテイキング。

というか、もはやトリテという枠を突き破ったカードゲームと言っても良いと思う。

マストフォローであるが故意にフォローしないことも許されている。ただしその後は持っていないはずのそのスートは出せなくなるため、パラドックスを来す危険性は高まる。

だが、4人プレイでは手詰まりになる可能性を勘案し、逆に相手をパラドックスに陥らせる戦略にもなる。

マストフォローのトリテでは、故意にではなくてもリボークの可能性が生じることがルール上の脆弱性とも言えるが、この部分は克服されているとも思われる。

通常のトリテで勝負を考えるにはカウンティングは必須となる。このカウンティンクも醍醐味のひとつではあるが、本作ではその枠組みからは外れており、より推論的要素が強くなっている。

3人プレイと4人プレイではやや感覚が異なる。3人では使用する数字を減らすという調整がなされているが、4人ではよりパラドックスの脅威がきつくなる。ややマルチっぽい様相も顔をだすが、自分がパラドックスを避けるのが優先となるのて、それ程問題ないだろう。

切り札の扱いや、トリックの処理自体はとてもシンプル。むしろ、もっと色々な要素を付け加えることも出来たはずであるが、家族でも楽しめる程よい味付けである。

トリテ好きな人は勿論、そうでない人も充分にこのゲームの面白さは理解できるだろう。現在プレ値となっているが、1度はプレイしてまた欲しい作品。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
korou_dream
ぽっくり
maro
maro
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 206興味あり
  • 394経験あり
  • 166お気に入り
  • 336持ってる
プレイ感の評価
運・確率7
戦略・判断力20
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ8
攻防・戦闘0
アート・外見17
作品データ
タイトルキャットインザボックス
原題・英題表記Cat in the box
参加人数3人~4人(30分~45分)
対象年齢10歳から
発売時期2020年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザイン常時 次人(Tsuguto Tsuneji)
アートワーク井上 磨(Osamu Inoue)
関連企業/団体操られ人形館(Ayatsurare Ningyoukan)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

maroさんの投稿

会員の新しい投稿