マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 10分~20分
  • 8歳~
  • 2017年~

キャンディーマッチ白州さんのレビュー

115
名に参考にされています
2018年02月18日 23時20分

6/10

クニツィアの反射神経タイプのカードゲーム。

まず、見た目がとてもオシャレでカジュアル層のウケは良い。

ルールはシンプルで、お菓子が2個のペアになったら、「キャンディーマッチ!」というだけなのだが、カードに1〜3個のお菓子が描いてあり、選んだカードの中にあるお菓子が全てペアでないとならない。

※文字にするとわかりにくいかもしれないが、例えば「アメとチョコ」のカードと「アメ」のカードが場に出ていても、これはキャンディーマッチにならない。なぜなら、チョコがあまってしまうから。
これが、「アメとチョコ」「アメ」「クッキーとチョコ」「クッキー」の4枚のカードみたいな組み合わせだと、それぞれが全てペアとなっているので、キャンディーマッチとなる。

ちなみに、お手つきをすると、普通はその人が1回休みとか失点とかなのだが、このゲームでは、お手つきした人以外に点が入るという設計になっており、収束性も高く、素晴らしい改良だと思う。

簡単そうに見えて、意外と難しく、おばけキャッチを初めてプレイしたような感覚を味わえるので、おばけキャッチに慣れすぎて、こんなの簡単だよ!みたいな人が最初の頃を思い出したいときにもオススメ笑

もちろん、ボードゲームを全くやったことない人にも良い。

ただし、苦手な人はとことん苦手でお地蔵様になってしまうが、そこは反射神経系ゲームの宿命か。

個人的には、面白いが、反射神経系の枠を出ていなかったので、この評価だが、見た目や反射神経系が好きな人にはとてもオススメのゲーム。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • まつなが
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 15経験あり
  • 1お気に入り
  • 9持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルキャンディーマッチ
原題・英題表記Candy Match
参加人数2人~6人(10分~20分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインライナー・クニツィア(Reiner Knizia)
アートワーク未登録
関連企業/団体ペガサス・シュピーレ(Pegasus Spiele)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク