マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

庭国の虫会議 (ていこくの虫会議)Bug Council of Backyardia

  • 庭国の虫会議 (ていこくの虫会議)の画像
  • 庭国の虫会議 (ていこくの虫会議)の画像
  • 庭国の虫会議 (ていこくの虫会議)の画像
  • 庭国の虫会議 (ていこくの虫会議)の画像
  • 庭国の虫会議 (ていこくの虫会議)の画像
  • 庭国の虫会議 (ていこくの虫会議)の画像

バグ・カウンシルが招集された。彼らの力を操り、自分の利益につなげよう。

広大な世界「バックヤード」では、虫たちの評議会が開かれ、ピクニックやピクニックを台無しにする方法、そしてもちろん所得税改革など、重要なことが話し合われています。アリ、ハエ、ハチ、蚊、ゴキブリなど、さまざまな派閥の虫たちは、刻々と変化するパワーバランスの中に身を置き、最も強力な者と手を組む者だけが、その日をつかむことができるのです。

「Bug Council of Backyardia」は、マンカラの仕組みを利用したトリックテイキングゲームで、ゲーム中にどのスーツが強力なのかが動的に変化します。

ゲームは3ラウンド制で行われます。各ラウンドでは、プレイヤーは11枚のカードを受け取り、10回のトリックを行います。トリックの間、リーダーがスーツをプレイし、残りのプレイヤーは(可能であれば)それに従います。最も強いスーツの最も強いカードを出したプレイヤーがトリックに勝ち、それを集めて得点とします 一方、一番低いオンスートのカードを出したプレイヤーは、評議会を訪れることになります。このプレイヤーは、派閥タイルを選び、その強さのキューブを集め、評議会の周りに時計回りに配ることで、スーツの強さを変えていきます。

10トリックが終わった時点で、プレイヤーは残ったカードを使って、そのスーツに合った派閥への忠誠を主張します。もしカードをうまく使って協議会を有利に進められれば、獲得したトリックに加えて、素敵な忠誠心ボーナスを得ることができます。

3ラウンド終了時に最も多くのポイントを獲得したプレイヤーがこのゲームの勝者となり、バックヤードの歴史に永遠に残ることになります。

DeepLTranslatorによって生成された日本語の記述

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. エングロ・ゲームズ (Engro Games)エングロ・ゲームズ (Engro Games)
マイボードゲーム登録者
  • 21興味あり
  • 2経験あり
  • 0お気に入り
  • 1持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル庭国の虫会議 (ていこくの虫会議)
原題・英題表記Bug Council of Backyardia
参加人数1人~5人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2021年~
参考価格2,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

会員の新しい投稿