マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

アクアスフィアAquaSphere

ボットを使いこなせ! 何よりも計画性が重要になる深海調査ゲーム

このゲームは、深海の調査ステーション「アクアスフィア」で研究を進め、他の研究チームよりも多くの知識を獲得するゲームです。

2015年 ドイツゲーム大賞9位

プレイヤーは、チームメンバーの技術者と科学者に指示を出し、深海にあるクリスタルを回収・解析し、研究を進めていきます。
調査ステーションは深海にあるため、そこにいられる時間はごくわずか。その中で最大限の成果を上げるためには、「ボット」と呼ばれる最新式の研究ロボットを使いこなさなければなりません。

あなたは、研究を進めるために科学者に指示を出しますが、その作業は全てボットが行います。ボットが作業を行うためには、技術者が、そのボットに作業用のプログラムを行っておく必要があります。
しかも、一体のボットには1つの作業しかプログラムできず、そのボットも一度作業を終えてしまうと、次の作業を行うためには回収して再度プログラムしなおさなければなりません。

つまり、行動順をよく考えてプログラムしていかないと、いくら優秀なボットとはいえ無用の長物になってしまいますので、ご注意ください。

また、気をつけなければならないのはそれだけではありません。
今回の研究はいくつかのチームと契約しており、最も成果を上げた研究チームしか契約を延長しません。いかに他のチームを出し抜くかということも時には重要な要素になるでしょう。もちろん、他の研究チームも同じことを考えていることでしょう。
そして、深海にはオクタポッドと呼ばれる生物も住んでいます。こいつらは人間が気に食わないのか、しばしば研究の邪魔をしてきます!必要に応じて、ボットを使って処理してください。

あなたが、どのチームよりも優れた成果を上げるために、考え計画しなければならないことは膨大にあります。上手くチームメンバーとボットに指示を出し、より効率的に研究を進めて、多くの知識を獲得しましょう!

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. R@R@
マイボードゲーム登録者
  • 64興味あり
  • 114経験あり
  • 23お気に入り
  • 114持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルアクアスフィア
原題・英題表記AquaSphere
参加人数2人~4人(100分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2014年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 215
    名に参考にされています
    投稿日:2017年12月30日 22時06分

    簡単に書くと、重ゲームに慣れてない人にもおすすめなゲームです!プレイヤーは潜水艦に潜ってダイヤ?の研究を行ってポイントを競うゲームです。アクションは基本7つです。潜水艦を配置、時計(お金)の獲得、研究室の拡張、ダイヤの獲得などです。ただ、他のゲームと違うのはアクションを前のターンなどに決定しないといけないことです。決定によってそのラウンドできないアクションも出てきます。また、宝石を所持していないと得点がカンストしてしまい、得点が頭打ちします。そのため限界突破には宝石が必要です。いろんなジレンマが混在していて面白いゲームです。ルール自体はシンプルで、ボードもオシャレでオススメのゲームです!

    なしさんのレビューを読む
  • 218
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月12日 01時32分

     深海の探査基地でボットの行動をプログラミングして,潜水艦を進水させたり自分のラボを拡張したり,邪魔なタコポッド(駒はかわいい)を退治したりしつつ得点を稼いでいくゲームです。ひとつのアクションを実行するのにまずボットをプログラムしてそれから実行するという二度手間がかかり,プログラムするにもアクションを実行するにもそれぞれ制約があるので,プレイ感はとにかく悩ましい感じです。リサーチカードをうまく使ってぽんぽんとアクションを実行する道筋が見えるとちょっと爽快。ボードはカラフルで楽しいんですが,カラフル過ぎて視認性が悪く,目がちかちかします。プログラミングして置いておけるボットは2体までという...

    nyanwigさんのレビューを読む
  • 197
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月03日 23時49分

    フェルトさんの重量級ゲーム。個人的には結構好きなゲームなんですが余りゲーム会などで立ってるところを見ないのはボードの視認性の悪さ(アクションがあまり直感的でない?)や細かいルールの多さ(勝利点上限を解放しないといけなかったり)が原因だったりするんでしょうか。あとインストのハードルが高い。アクションをするためにボットにプログラムを仕込む必要があり、保持できるプログラムは2つまで、また、1ラウンドで仕込めるプログラムは基本的に3つプラス1つしかなく、通るルートによって仕込めないプログラムもあるので計画性がかなり大事なゲームです。なので、他のプレイヤーというよりは、とても不自由なゲームのシステ...

    フーガさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 242
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月26日 22時24分

    プレイするたびに、脳がしびれる感覚を味わえる本作。プレイのコツを列挙していきます。1:アクション数を増やそう。⇒手なりでプレイをすると、1ラウンドで仕込めるアクション数は3回となります。これでは、全く手数が足りないので、「3時計トークンを払い、好きなアクションをプログラムする」「調査カードによりプログラムを仕込む」を活用して、手数を増やしましょう。2:基地拡張で時計トークン許容量を増やす⇒「1」とも関連しますが、「追加プログラムを仕込む」「セクターを移動」「潜水艦を配置」、いずれにおいてもコストとして時計トークンが必要となります。初期の時計トークン許容量は4ですが、これでは、セクターに配...

    walkergyariaさんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 1件

  • 183
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月03日 23時56分

    アークライトの完全日本語版にはエラッタがあるので注意して下さい。http://www.arclight.co.jp/ag/index.php?page=errata&code=LG-0116エラッタルールブック12ページ「1ラウンド中、何度でも使用できるカード」下段一番左のカードの説明誤:後方格納庫から自分のボットが1個プレイヤーボードに戻るたびに、1KPを得ます。正:あなたにより、後方格納庫から(あなた以外の)ボットが1個プレイヤーボードに戻るたびに、1KPを得ます。

    フーガさんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク