• 2人~4人
  • 100分前後
  • 12歳~
  • 2014年~

アクアスフィアwalkergyariaさんの戦略やコツ

183
名に参考にされています
投稿日:2017年09月26日 22時24分

プレイするたびに、脳がしびれる感覚を味わえる本作。プレイのコツを列挙していきます。

1:アクション数を増やそう。

⇒手なりでプレイをすると、1ラウンドで仕込めるアクション数は3回となります。これでは、全く手数が足りないので、「3時計トークンを払い、好きなアクションをプログラムする」「調査カードによりプログラムを仕込む」を活用して、手数を増やしましょう。

2:基地拡張で時計トークン許容量を増やす

⇒「1」とも関連しますが、「追加プログラムを仕込む」「セクターを移動」「潜水艦を配置」、いずれにおいてもコストとして時計トークンが必要となります。初期の時計トークン許容量は4ですが、これでは、セクターに配置されている時計トークンを獲得する時に、全て獲得できず、いずれトークンが不足してきます。よって、配置される基地拡張タイルはランダムですが、時計トークン許容量アップのタイルがあれば、優先して獲得すべきです。

3:調査カードを活用しよう

⇒調査カードの効果はどれも強力です。「中間決算で1時計トークンを支払い、プログラムを仕込む」「セクター移動時の2コストを0にする」「2時計トークンを得て、さらにプログラムを仕込む」あたりは特に強いです。が、調査カードの配置もランダムなので、自コマの側にこれらが出てこないこともあります。そんな時は、「技師が特定プログラム部屋に入ると、時計トークン(orクリスタルor知識点)を獲得」カードを複数獲得しましょう。これにより、時計トークンプログラム、クリスタルプログラムを仕込む必要性が少なくなり、得点行動を取ることができるようになります。

以上となります。本作は何回やっても飽きません。ルールが複雑、ボードの視認性が悪いと欠点もありますが、それを有り余る魅力・おもしろさがつまったゲームです。未プレイの方はぜひプレイしてみてください。

  • 43興味あり
  • 64経験あり
  • 11お気に入り
  • 68持ってる
販売中の商品
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルアクアスフィア
原題・英題表記AquaSphere
参加人数2人~4人(100分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2014年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿