マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 30分~50分
  • 8歳~
  • 2019年~

アメリカンブックショップatcktさんのレビュー

54名 が参考
0名 がナイス
15日前

失点タイプのトリックテイキングゲームです。特殊なことはありませんが、トリックが途中で終わることがあります。私は得意なタイプでした。


▼ゲームの概要
マストフォローのトリックテイキングゲームです。
ただし、取ってしまうと基本的に1枚マイナス1点となり、取らない方がいいです。

とはいえ、プラスになる方法もあります。
誰よりも多く集めた色のカードはプラス1点となります。


さて、このゲームで特徴的なのはトリックの勝者の決め方です。
マストフォローで全員1枚出せた場合は、普通のトリックテイキングゲームの勝者と変わりませんが、あまりそういったことはありません。

それよりももう一方で決まることが多いです。
それは、出されたカードの数字の合計があらかじめ決められた数字以上になった時に、最後にカードを出したプレイヤーが勝者となります。まだ出していない人がいたとしてもそこで終わりです。

それまでに出されたカードをすべて手に入れて、新たなラウンドを開始します。

こうして誰かの手札が無くなったら得点計算です。

何ラウンドか行って、最も得点の高いプレイヤーが勝ちます。


▼プレイの感想
シンプルなタイプのトリックテイキングに位置してるかなと思います。
それくらい分かりやすいルールです。

とはいえ、勝ち方が簡単訳はなく、これは取るべきか取らないべきか。取るならばどうすればいいか、というのを終始突き付けられます。

プランが無くてはうまくはいきません。
手を出すところはしっかり手を出す、そうして初めて勝てるゲームかなと思いました。

トリックテイクに慣れたプレイヤーが近場にいれば一度一緒に遊んでみてもらえるといいかなと思います。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
atckt
atckt
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 54興味あり
  • 117経験あり
  • 30お気に入り
  • 65持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルアメリカンブックショップ
原題・英題表記American Book Shop
参加人数3人~5人(30分~50分)
対象年齢8歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿